なかまとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > なかまの意味・解説 

なかま【中間】

読み方:なかま

福岡県北部の市。明治末期から筑豊炭田炭鉱町として発展。現在は住宅地化著しい。人口4.42010)。


なか‐ま【仲間】

読み方:なかま

一緒に物事する間柄。また、その人。「趣味同じにする—に加わる」「飲み—」

地位職業などの同じ人々。「文士の—」

同じ種類のもの。同類。「オオカミの—だ」

近世商工業者同業組合官許得たものを株仲間といった。


なかま

作者下林益夫

収載図書第四創作集―28短篇
出版社美濃国出版
刊行年月1998.5


なかま

作者飯田泰人

収載図書フーコー短編小説傑作選 9
出版社フーコー
刊行年月2002.1


仲間

読み方
仲間なかま

中馬

読み方
中馬なかま

仲真

読み方
仲真なかま

中間

読み方
中間なかま

中万

読み方
中万なかま

なかま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/26 05:50 UTC 版)

仲間」の記事における「なかま」の解説

ある物事一緒になってする者。または同じ種類属するもの。友情参照 仲間 (小説) - 三島由紀夫掌編小説1966年1月発表)。 仲間 (ケツメイシの曲) - 2010年5月リリースされケツメイシシングル、及びそのタイトル曲仲間 (上々軍団の曲) - 2018年7月リリースされ上々軍団シングル、及びそのタイトル曲仲間 (YouTubeチャンネル) - 島根県江津市結成され4人組グループ沖縄県由来姓の一つ仲間由紀恵女優)、仲間りょう(漫画家)など。 地名岡山県真庭市にある地名詳細は「八幡村 (岡山県)を参照 鹿児島県奄美市にある地名沖縄県浦添市にある地名沖縄県南城市にある地名近世において商工業者同業組合を指す。地本問屋仲間書物問屋仲間など。

※この「なかま」の解説は、「仲間」の解説の一部です。
「なかま」を含む「仲間」の記事については、「仲間」の概要を参照ください。


なかま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 09:15 UTC 版)

ポケットキング」の記事における「なかま」の解説

召喚するユニット次のマップ持ち込むシステム通常の召喚よりMPが低い(通常召喚よりも、レベル9の同じユニットの方MPが低い)。

※この「なかま」の解説は、「ポケットキング」の解説の一部です。
「なかま」を含む「ポケットキング」の記事については、「ポケットキング」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「なかま」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

なかま

出典:『Wiktionary』 (2021/09/27 05:23 UTC 版)

発音

名詞

なかま

  1. ある物事一緒にする間柄
  2. 同じ種類
  3. 近世商工業者の同業組合


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「なかま」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



なかまと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

なかまのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



なかまのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの仲間 (改訂履歴)、ポケットキング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのなかま (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS