386BSDとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > OSS用語 > 386BSDの意味・解説 

386BSD

読み方サンハチロクビーエスディー

William Jolitzらがカルフォルニア大学バークレー校4.3BSD Net/2ベース開発したIntel社のCPU80386用のOS
最初バージョンである386BSD 0.0が1992年2月リリースされ、その後同年7月バグ修正を行った386BSD 0.1リリースされた。しかし、その後開発停滞してしまったため、FreeBSDNetBSDを産むことになる。
USLAT&T)とバークレー校訴訟により、386BSDがベースとしていた4.3BSD Net/2は、USLライセンスが必要とされたため、現在では386BSDは公開されていない。しかし、4.3BSD Net/2を基に必要なコードを補って、完全なOSを作った386BSDは、オープンソースBSD系OSプロジェクト発足させることになった。
関連見出し
BSD
FreeBSD
NetBSD
関連URL
386BSD(http://www.386bsd.org/)

386BSD

読み方さはちろくビーエスディー

386BSDとは、ウィリアム・ジョリッツらによって開発されたIntel 80386用のUNIX系オペレーティングシステムOS)である。386BSDは、ベースとなった4.3BSD Net/2が持つAT&Tライセンス回避するためソースコード書き直し機能追加実現し、配布フリーとしている。

4.3BSD Net/2AT&T一部門であるUnix system Laboratories(USL)からライセンス問題訴えられ公開停止となった際、386BSDも同じく公開停止となっている。その後4.4BSDベース開発再開したが1994年終了している。ちなみに386BSDからフリーOSFreeBSDNetBSD派生している。


386BSD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/26 15:03 UTC 版)

386BSDとは、4.3BSD Net/2をベースにして、ウィリアム・ジョリッツリン・ジョリッツ夫妻によって開発された386で動作するUNIXライクオープンソースオペレーティングシステムである。


  1. ^ After_22_Years,_386BSD_Gets_An_Update_Slashdot) https://bsd.slashdot.org/story/16/10/09/0230203/after-22-years-386bsd-gets-an-update/
  2. ^ 386bsd/386bsd:386BSD(GitHub) https://github.com/386bsd/386bsd
  3. ^ 386BSD http://386bsd.org/


「386BSD」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「386BSD」の関連用語

386BSDのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



386BSDのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
OSS iPediaOSS iPedia
Copyright © Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2006-2020
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ386BSDの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの386BSD (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS