順序尺度とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 計測 > 尺度 > 順序尺度の意味・解説 

順序尺度 ordinal scale

 観察される変数数値を対応させる基準例えば,治療効果判定において,悪化を -1,不変を 0,改善を 1,著効を 2 のように数値に対応させて入力する。ある場合には,改善を 1 とすれば著効は 3 くらいかもしれない。しかし,それを決定できる客観的根拠がない場合には,これらの数値大小関係にのみ意味がある平均値などをとることはできないが,中央値は定義できる。また,大小関係情報使用するノンパラメトリック統計学分析手法がある。データ水準が「順序尺度以上」とは,間隔尺度比例尺度を含む(これらは共に,順序尺度の性質備えている)。
データの水準参照のこと。

順序尺度

読み方じゅんじょしゃくど
【英】:ordinal scale

与えられた数値に対し, それらの間の大小関係だけが意味をもつ尺度を順序尺度 (または序数尺度) と呼び, 任意の単調増大変換を行ってもそれらの間の大小関係変わらない. この性質を「順序尺度は単調増大変換範囲一意である」という. 例えば, 硬さ順位, 知能指数順位, 好ましさの順位などがある.





順序尺度と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「順序尺度」の関連用語

順序尺度のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



順序尺度のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
統計学用語辞典統計学用語辞典
Copyright (C) 2021 統計学用語辞典 All rights reserved.
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2021 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.

©2021 Weblio RSS