イニシアチブとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > イニシアチブの意味・解説 

イニシアチブ

英語:initiative

イニシアチブとは、イニシアチブの意味

イニシアチブとは、主導権率先して物事をある方向へと導く力、戦略を意味する。わかりやすく言うと、自分リーダーとなり物事を進めていくことである。

イニシアチブという語は英語の initiative から取られたカタカナ語である。英語の initiative には主導権の他、構想やる気計画という意味がある積極的な意味をこめて使われることが多く日本語で訳される主導権とはニュアンス異なる。日本語主導権とは相手より自分の方が立場上であることを示すことが多い。英語で使われる initiative には協力するために自分率先するというポジティブ感情込められている。英語で自分立場上であることを示す言葉を使う場合control用いて表現することが多い。

日本においてイニシアチブという語はビジネスシーンで使われることが主である。ビジネスにおいて、特に営業職ではイニシアチブが取れることが重要視される。イニシアチブが取れる人は自分のことだけでなく、相手視点になって仕事をこなす。また、人に頼ることも得意で仕事を人に割り振ることも得意とするできないことはできないとはっきりと人に伝えることができる。その結果仕事手一杯になることがなくなり、仕事全体を見ながら作業ができるようになる。日本語主導権聞くと、自分本位な人がイメージされがちであるが、イニシアチブが取れる人というのは、相手気持ち意図汲み取りつつ、自分意見をはっきりと伝え全体が見ることができる人なのである

イニシアチブの語の使い方や例文

イニシアチブはカタカナ語であり、ビジネス用語でもある。そのため、日常会話で使われることはほぼなく、会議営業におけるビジネス重要なシーンで使われることが多い。イニシアチブは名詞のため、「イニシアチブをとる」や「イニシアチブを握る」など、動詞組み合わせて使う。決して「あの人はイニシアチブだ」という使い方はしない。「イニシアチブをとる」も「イニシアチブを握る」も、どちらも主導権を握る」という意味として使うことができ、言い回しとして明確な使い分けは無い。例文として挙げると「次の会議では、こちらがイニシアチブをとれるかどうか会社今後立ち位置左右する。」、「まさかこの業界がイニシアチブを握ることになるとは思いもよらなかった。」という使い方ができる。このように、イニシアチブという語は個人においてもグループ単位においても用いることができる。

イニシアチブとは主導権という意味の他に「リードする、先頭に立って導く」という意味で使われることがあるその場合は「イニシアチブを発揮する」という表現を使うことが多い。「イニシアチブを発揮することができれば営業成績ももっとのびるかもしれない。」という風である。主導権を握るという意味合い用いられる場合自分と相手との間に力関係存在するが、リードするという意味で用い場合は人との関係は含まれない。よって、リードすると言う意味での用い方が英語の initiative最も近いものとなる。

イニシアチブの語の類語

イニシアチブの類語にはリーダーシップ統率力指揮などがある。「リーダーシップ」にも組織を率いるという意味がある。イニシアチブは組織中でもトップの人に求められるのであるのに対し、リーダーシップ多くの人が身に着ける必要のある素質である。イニシアチブは行動を指すことが多いが、リーダーシップ能力のことを指すという点でも違いがある。「統率力」にもグループをまとめ率いるという意味がある統率力ビジネスにおいて同じ目的有するに対して用いられる。イニシアチブには自分とは違う意見持っている人に対し、自分意見取り入れさせるという意味合い含まれるので、使い分け方に明確な差がある。統率力営業部長プロジェクトマネージャーなど組織内チームトップに立つ人に求められる能力である。「指揮」は、組織を導いてまとめるという点では同じであるが、人を指導して動かすという意味が含まれる。イニシアチブには指導するという考え含まれることはない。どれも明確な使い分け存在するが、ビジネスシーンでよく耳にする言葉であるため、明確な違い理解しておくことが重要である。

ちなみに、イニシアチブとイニシアティブ違いはなく、全く同じ意味で使われる。どちらが正解でどちらが間違いということは無く、どちらを使っても良いイニシアティブの方がより英語の発音に近い。外国籍の人が多い職場ならばイニシアティブの方が聞き取りやすい可能性がある。

ビジネス分野以外におけるイニシアチブの語義

イニシアチブという語は、一般的に浸透している言葉ではなく日常的にイニシアチブという語を使う人は少なと言えるが、まれにビジネス以外でも用いられることがある主導権を持つという意味で、家庭で使われる場合がある。「うちの家庭では、夫が(妻が)イニシアチブをとっている」という風に使う。この使い方カタカナ語として日本人だけが使う表現であり、英語圏の人には意味が伝わることはない。これには文化違いが関係しているものと思われる日本においては亭主関白という言葉存在するように、家庭内において上下関係はっきりさせる傾向あるようである。英語圏の人に多いのはレディーファーストのような相手立て文化浸透している。

他の使い方として、スポーツ遊びで使われることもある。優勢に立っている側が「イニシアチブを握っている」という使い方をする。イニシアチブを握れる人を育てることを目的としたゲームのことをイニシアチブゲームと呼ぶ。イニシアチブゲームとは少人数チーム分かれて、それぞれの能力力を合わせて設定された課題障害解決していくゲームである。子どもは遊びスポーツ勉強など、様々な経験通して自分中にある能力引き出していく。イニシアチブゲームによってリーダーシップ育てとともにチームワーク知恵も共に培われるので注目されつつある。大人であってもコミュニケーション能力が不足しがちな新入社員社員研修行われることもある。

イニシアチブ【initiative】

《「イニシアティブ」とも》

物事率先してすること。首唱先導。「日本のイニシアチブで国際会議をすすめる」

主導権。「業界でイニシアチブを発揮する」「交渉イニシアチブを取る

国民自発的に立法に関する提案を行うことのできる制度直接民主制の一要素国民発案


イニシアチブ

〔名〕 (英 initiative

直接民主制一手段。一定数上の国民または地方自治体住民法令制定改廃提案できる制度スイスアメリカ合衆国一部の州)に行なわれている。

平民新聞(1907)一六号・余が思想変化幸徳秋水〉「公平選挙法(プロポーショナル)だの、直接投票(レフェレンダム)だの、人民発議(イニシエチーヴ)だのと」

物事多くの人で行なう場合に、その先頭に立って全体動きリードしてゆくこと。また、その権利主導権主体性

東京朝日新聞明治三七年(1904)一二三一日「此時日本のインシヤチイブを意外としたるは」


安全な母性プログラム/イニシアチブ

【英】:Safe Motherhood Programme, Initiative

Safe Motherhood Initiative (SMI)は、1987年ケニアナイロビ開催された International Conference on Better Health for Women and Children through Family Planningにおいて提唱された、女性の安全な妊娠出産目的としたイニシアチブである。UNFPA, UNDP, UNICEF, WHO, World Bank, NGOなど10機関共同実施しており、2000年までに妊産婦死亡率半分にすることを目標に掲げ、家族計画地域での妊産婦ケア緊急時ケア女性地位向上などを主要な活動としていた。SMI各国政府NGO女性団体などを巻き込んだ世界的パートナーシップへと広がっていった。
その後妊産婦主要な死因である産後出血遷延分娩子癇産褥熱人工妊娠中絶合併症の5疾患焦点をあて、専門家Skilled Birth Attendant: SBA)による分娩助産師教育必須産科ケアEssential Obstetric Care: EOC、特に産科救急Emergency Obstetric Care)、などのプログラム焦点あてられるようになった2005年からは、新生児ケア強調して、MNCH (maternal, newborn and child health)という概念唱え、また同年Making Pregnancy SaferというプログラムSMI一部として立ち上げ、質の高い産科医療をタイムリー提供することで、妊産婦新生児死亡削減することに力をいれている。(柳澤理子

参考URL:WHO. Making pregnancy safer ホームページ
http://www.who.int/making_pregnancy_safer/en/index...

イニシアチブ initiative

全体 ★★☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

  1. 主導
  2. 発議
  1. 市町村イニシアチブ主導のもと,地域住民参画得て作成した地域全体の振興計画
  2. 国際法枠組みを変えてしまおうというイニシアチブ発議であり,
意味説明
  1. 自ら率先して先頭に立ち,他を導くこと
  2. 率先して提唱する政治方針
その他の言い換え語例

1. 率先 主導権  2. 構想 行動計画 住民発議


イニシアティブ

(イニシアチブ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/13 23:03 UTC 版)

イニシアティブ英語: initiative)またはイニシアチブは、開始・先制・率先・主導権などの意味を持つ言葉。




「イニシアティブ」の続きの解説一覧

イニシアチブ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 13:02 UTC 版)

語源

名詞

  1. 指導力先導行為
  2. 企業心。
  3. 住民発案

関連語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イニシアチブ」の関連用語

イニシアチブのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イニシアチブのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本国際保健医療学会日本国際保健医療学会
Copyright (C) by Japan Association for International Health. All rights reserved,2022.
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2022 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイニシアティブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのイニシアチブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS