イニシアチブとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > 国際保健用語 > イニシアチブの意味・解説 

イニシアチブ [4] 【initiative】

〔イニシャティブとも〕
率先して発言したり行動したりして,他を導くこと。主導権。 「 -を取る(=主導権ヲ握ル)」
有権者法令制定改廃について提案すること。日本では,地方公共団体住民が行条例制定改廃請求制度化されている。国民発案直接発議

安全な母性プログラム/イニシアチブ

【英】:Safe Motherhood Programme, Initiative

Safe Motherhood Initiative (SMI)は、1987年ケニアナイロビ開催された International Conference on Better Health for Women and Children through Family Planningにおいて提唱された、女性の安全な妊娠出産目的としたイニシアチブである。UNFPA, UNDP, UNICEF, WHO, World Bank, NGOなど10機関共同実施しており、2000年までに妊産婦死亡率半分にすることを目標に掲げ、家族計画地域での妊産婦ケア緊急時ケア女性地位向上などを主要な活動としていた。SMI各国政府NGO女性団体などを巻き込んだ世界的パートナーシップへと広がっていった
その後妊産婦主要な死因である産後出血遷延分娩子癇産褥熱人工妊娠中絶合併症の5疾患焦点をあて、専門家Skilled Birth Attendant: SBA)による分娩助産師教育必須産科ケアEssential Obstetric Care: EOC、特に産科救急Emergency Obstetric Care)、などのプログラム焦点あてられるようになった2005年からは、新生児ケア強調して、MNCH (maternal, newborn and child health)という概念唱え、また同年Making Pregnancy SaferというプログラムSMI一部として立ち上げ、質の高い産科医療タイムリー提供することで、妊産婦新生児死亡削減することに力をいれている。(柳澤理子)

参考URL:WHO. Making pregnancy safer ホームページ
http://www.who.int/making_pregnancy_safer/en/index...

イニシアチブ initiative

全体 ★★☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

  1. 主導
  2. 発議
  1. 市町村イニシアチブ主導のもと,地域住民参画得て作成した地域全体の振興計画
  2. 国際法枠組みを変えてしまおうというイニシアチブ発議であり,
意味説明
  1. 自ら率先して先頭に立ち,他を導くこと
  2. 率先して提唱する政治方針
その他の言い換え語例

1. 率先 主導権  2. 構想 行動計画 住民発議


イニシアティブ

(イニシアチブ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/25 01:57 UTC 版)

イニシアティブ英語: initiative)またはイニシアチブは、開始・先制・率先・先導などの意味を持つ言葉。




「イニシアティブ」の続きの解説一覧

イニシアティブ

出典:『Wiktionary』 (2010/04/30 08:43 UTC 版)

語源

名詞

  1. 指導力先導行為
  2. 企業心。
  3. 住民発案

関連語

  • 表記のゆれ: イニシアチブ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イニシアチブ」の関連用語

イニシアチブのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



イニシアチブのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本国際保健医療学会日本国際保健医療学会
Copyright (C) by Japan Association for International Health. All rights reserved,2019.
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2019 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイニシアティブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのイニシアティブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS