プルシアンブルーとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > プルシアンブルーの意味・解説 

プルシアンブルー

紺青呼ばれる顔料由来する青色紺青色とも呼ばれる顔料そのものを指す場合もある。プルシアンブルーは「プロイセン風の青色」といった意味。

紺青

(プルシアンブルー から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/20 01:17 UTC 版)

紺青(こんじょう)とは、のシアノ錯体に過剰量の鉄イオンを加えることで、濃青色の沈殿として得られる顔料である。日本古来の天然顔料である岩紺青と区別するために花紺青と呼ぶことがある。ただし一般的には花紺青とはスマルトの別称である。


注釈

  1. ^ : Color Index Generic Name
  2. ^ : Pigment Blue 27
  3. ^ : iron blue
  4. ^ : prussian blue
  5. ^ : berlin blue
  6. ^ : turnbull's blue
  7. ^ : milori blue
  8. ^ : chinese blue
  9. ^ チャイナブルーとは別色
  10. ^ : paris blue
  11. ^ 江戸期の日本ではドイツの首都名「ベロリン(ベルリン)」に因み、「ベロ」と呼ばれた。
  12. ^ ヘキサシアニド鉄(II)酸塩について、上記のヘキサシアニド鉄(II)酸カリウム(K4[Fe(CN)6])はプルシアンブルー (KFe[Fe(CN)6]) とは別物である。
  13. ^ ヘキサシアニド鉄(II)酸カリウムは非常に安定で水溶液中でシアン化物イオン (CN) を放出せず毒性は低いが、ヘキサシアニド鉄(III)酸カリウム (K3[Fe(CN)6]) はやや不安定で、CNを遊離するので有毒である。ここで言う有毒とは一定の条件下での主に水生生物を対象とする作用についてで、人体に対してではない。ヒトの肝臓は一時間あたり数十ミリグラムのシアンを無毒化する能力を持つため、シアノ錯体が分解して発生するシアンは少量であれば問題にならない(人が試薬を舐めても平気だが、排水中に経常的に含まれていると放流先の生態系がダメージを受ける、といった意味)。

出典

  1. ^ プルシアンブルー;新しい応用とそのナノ粒子 (PDF) THE CHEMICAL TIMES 2013 No.3(通巻229号)p.23-27
  2. ^ FACT SHEET Prussian Blue CDC Radiation Emergencies


「紺青」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「プルシアンブルー」の関連用語

プルシアンブルーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



プルシアンブルーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの紺青 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS