属地主義とは?

ぞく ちしゅぎ [4] 【属地主義】

様々な法的問題解決にあたって対象となっている行為行われた国など、場所を基準にして決定を行う立場例えば、犯人国籍かかわらず自国領域内における犯罪について自国刑罰法規適用することなど。 ⇔ 属人主義
国際私法上、属地法適用すべきだとする主義属地法主義

属地主義(ぞくちしゅぎ)


法律適用範囲効力範囲を、一定の領域内についてのみ認めようとすることをいう。たとえば、我国の特許法商標法著作権法適用される領域日本国内のみである。したがって、日本国特許権基づいて米国での行為日本国特許権侵害として追求することはできない米国での行為追求したい場合には、米国においても特許権取得する必要がある。ただし、著作権は、多くの国が出願という行為を要さずに権利認めており、日本著作権有すれば他国でも同時に著作権を持つことになる場合がほとんどである。いずれにしても、属地主義のもとでは、各国ごとに権利存在し、その効力各国法律によって定められる。

また、属地主義においてはどのような発明特許として認めるか(特許要件)を、各国が独自に定めることとなる。したがって、同じ発明について、日本特許されたにもかかわらず米国特許されないという事態も(その逆の事態も)あり得る

真正商品の並行輸入問題などでは、属地主義との関係において問題が生じている。また、インターネット等の発達により、国境概念薄れ、属地主義に影響が生じている。たとえば、特許権のない国にサーバ装置をおいて特許権のある国のユーザに対してサービス提供するような場合問題が生じる。

執筆弁理士 古谷栄男)

属地主義

読み方ぞくちしゅぎ
【英】 system of territorial law 【独】 Territorialitätsprinzip, System des Territorialstatuts 【仏】 territorialisme, systém de la loi territoriale

属地法主義」とも。一般的には,抵触法その人ではなくその場所着目して法の適用定め原則をいう。法の連結に関する基本思想のひとつである。刑法において,日本領域内で行なわれた犯罪国内犯)について内外人を区別することなく日本刑罰法規適用する(刑1条)のはこの例で,これを原則として外国ある日本人日本人としての行動基準に従って行動するよう要請するのが相当であると認められる若干の罪については,国外ある日本人にも日本刑法適用するという例外設けられている(刑3条)。国際私法においては所在地行為地,事実発生地法廷地等の場所的要素着目してその地の法を準拠法として適用する原則一般をいう。知的所有権については,各国権利独立の原則から,実際に保護求められている国・地域法令保護国法)を適用するのを原則としているが,境界のないサイバースペースにおいては具体的にどこが保護国であるのか,また保護国法を適用することが妥当かといった問題も生じうる。

関連項目


(注:この情報2007年11月現在のものです)

属地主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/02 07:00 UTC 版)

属地主義(ぞくちしゅぎ)とは、の適用範囲に関する立法主義の一つで、自国領域内に場所的に限定するもの。




「属地主義」の続きの解説一覧



属地主義と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「属地主義」の関連用語

属地主義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



属地主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
古谷国際特許事務所古谷国際特許事務所
(C)1992-2019 FURUTANI PATENT OFFICE
www.sekidou.comwww.sekidou.com
© 1996-2019 Sekidou Kousuke.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの属地主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS