光クラブ事件とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 光クラブ事件の意味・解説 

光クラブ事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/05 03:22 UTC 版)

光クラブ事件(ひかりクラブじけん)とは、1948年東京大学の学生による闇金融起業が法律違反によって警察検挙された事件。「アプレゲール犯罪」の1つとされる。


  1. ^ 驚きももの木20世紀 1996年5月3日放送、東大金融道・光クラブ事件より
  2. ^ この後に5・6文字ばかり続くものの、判読不可能
  3. ^ 朝倉喬司、自殺の思想 p.225 ISBN 4872339452
  4. ^ 出典:佐野眞一『カリスマ 中内功とダイエーの戦後』(日経BP社、1998年、276ページ)
  5. ^ 「光クラブ」設立前夜の日記を発見 服毒自殺の山崎晃嗣”. asahi.com (2007年10月21日). 2008年6月11日閲覧。
  6. ^ 2001年に小学館から刊行された『日本歴史大事典』にて「光クラブ事件」の項目(第3巻P441)を執筆した小沢信男も「半世紀後のバブル崩壊から顧みれば、律儀な時代ではあった」と締めている。


「光クラブ事件」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「光クラブ事件」の関連用語

光クラブ事件のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



光クラブ事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの光クラブ事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS