神田古書店街とは?

Weblio 辞書 > 文化 > かおり風景100選 > 神田古書店街の意味・解説 

神田古書店街

200mにわたる古書店街古書類から独特のかおりが漂う。明治時代より数多く学生サラリーマンなどに利用されてきた。特に秋に神田古本祭りが行われ、大勢人々でにぎわう。
 
所在地 東京都千代田区
かおりの源 古書
季節 一年中

神田古書店街


神田古書店街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/24 05:17 UTC 版)

神田古書店街(かんだこしょてんがい、神田神保町古書店街とも)は、主に東京都千代田区神田神保町にある古書店などが密集している場所の総称。




「神田古書店街」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「神田古書店街」の関連用語

神田古書店街のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



神田古書店街のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2019 Kankyosho All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの神田古書店街 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS