ねずみ講とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ねずみ講の意味・解説 

ねずみ講(ねずみこう)

ねずみ算式加入者集め金銭授受を行う経済行為

金銭支払って加入した人が、他に2人以上の加入者紹介あっせんし、その結果出費したを超える金銭をあとで受け取ることを一般にねずみ講と言う増殖する加入者組織破たんするまで続くことから無限連鎖講とも呼ばれている。

加入者3人ずつ増やしていく方法だと、10世代目59,049人、20世代で35億人もの加入者集ま計算になる。射幸心をあおる投機関心を寄せる人もいるが、その多く経済的な損害を受けるだけで終わる。

組織破たんから、中国アルバニアなどで、暴動起こったという例も報告されている。

ねずみ講は、もともとアメリカで発達した見られ1960年代には日本にも上陸し広がった。ねずみ講がもたらす社会的な害悪防止するため、1978年には無限連鎖防止法成立し、ねずみ講は禁止されることになった。ねずみ講を開設運営すると、3年下の懲役科せられる

最近インターネット爆発的な普及によって、電子メール使ったねずみ講の勧誘氾濫している誰でもたやすくメール送信できるので、けた違い被害も出るようになっているうまい話には注意が必要である。

(2001.01.24更新


ネズミ講

(ねずみ講 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/04 08:41 UTC 版)

ネズミ講(ネズミこう)とは、後に無限連鎖講と呼ばれることとなった連鎖配当組織のことである。ネズミ講の「ネズミ」はねずみ算式に増幅することの例えで、「」自体に悪い意味はあまりない。現在の日本では、無限連鎖講の防止に関する法律によって該当するものを罰則を持って禁止している。階層状の組織を形成する特徴からピラミッドスキームとも言われる。




「ネズミ講」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ねずみ講」の関連用語

ねずみ講のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ねずみ講のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2022 時事用語のABC All Rights Reserved.
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2022 Houterasu All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのネズミ講 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS