共同著作物とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 共同 > 共同著作物の意味・解説 

共同著作物(きょうどうちょさくぶつ)


”共同著作物”とは、共同して創作した著作物をいう(著作権法第2条1項12号)。共同著作物の著作権共有となり、共有者それぞれの持ち分有する。なお、共有著作権は、他の共有者同意なければ持ち分譲渡できなかったり、権利行使制約されたりする。


共同著作物

読み方きょうどうちょさくぶつ

二人上の者が共同して創作従事し,その結果各人寄与分離して個別的に利用することができない単一著作物作成された場合において,この著作物を共同著作物という(著2条1項12号)。共同著作物の著作権創作寄与した著作者共有に属し,ゆえに共同著作者それぞれ持分有するが,持分処分には他の共同著作者同意が必要とされ(著65条1項),また著作権行使利用許諾)や著作者人格権行使原則として全員合意要する(著65条2項,64条1項)。共同著作物の著作権の保護期間終期は,共同著作者のうち最後に死亡した者の死後50年経過したときである(著51条2項)。

関連項目


(注:この情報2007年11月現在のものです)

共同著作物

二人上の者が共同して創作した著作物であって、その各人寄与分分離して個別利用できないものを「共同著作物」と呼びます(第2条第1項第12号)。具体的には、誰がどこを分担すると決めず共同で書いた場合など、それぞれの人が書いた(創作した)部分を明確に区別できない場合のことです。ただし、第1章は誰、第2章は誰と分担するところ定めて書いた場合はこれに当てはまりません。

共同著作物の場合は、原則として全員合意によりその権利行使することとされています(第65条第2項)。なお、この場合当該著作権を代表して行使する者を定めることができますまた、著作権の保護期間は、最後に死亡した著作者死亡時から起算されます(第51条第2項)。



共同著作物と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「共同著作物」の関連用語

共同著作物のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



共同著作物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
古谷国際特許事務所古谷国際特許事務所
(C)1992-2019 FURUTANI PATENT OFFICE
www.sekidou.comwww.sekidou.com
© 1996-2019 Sekidou Kousuke.
文化庁文化庁
Copyright © 2019 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.

©2019 Weblio RSS