社会増減とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 流通用語 > 社会増減の意味・解説 

しゃかい‐ぞうげん〔シヤクワイ‐〕【社会増減】


社会増減

ある地域人口が、他地域からの転入、あるいは他地域への転出によって生じる増減それぞれ社会増、社会減という。わが国においては1960年代後半からの高度成長期に、この社会増減が人口動態決定要因であった。過密過疎問題はこの社会増減がアンバランスに進んだ例といえる。ある堆域の市場としての可能性予測する場合人口絶対的規模同時に社会増=成市場社会減=衰退市場の別を正確に判断しておくことが肝要である。この社会増減は商圏構造変動させる大きな要因であり、小売業ではこの社会増減の動向に絶えず注意を払う必要がある。現在、社会増減現象は昔ほどみられなくなった。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「社会増減」の関連用語

社会増減のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



社会増減のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2020by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS