さいするとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > さいするの意味・解説 

さい・する [0] 【猜する】

( 動サ変[文] サ変 さい・す
疑う。おしはかる。 「山陽が又何かの宋槧本そうざんぼん)を写させられはしなかつたかと-・する/伊沢蘭軒 鷗外

さい・する [3] 【裁する】

( 動サ変[文] サ変 さい・す
布や紙を切る。裁断する。
訴訟物事判断して処置する。さばく。定める。 「家政を-・するのなし/福翁百話 諭吉
手紙を書く。文章作る。 「中氏に一書を-・して/欺かざるの記 独歩

さい・する [3] 【際する】

( 動サ変[文] サ変 さい・す
ある事柄にであう。現代では多く際し(て)」の形で用いる。 「今日遇ま休日に-・すれば世路日記 香水」 → にさいして

さい・する [3] 【賽する】

( 動サ変[文] サ変 さい・す
神仏に願をかけて,その願が成就したときにお礼参りをする。 「出雲の大社に-・する」
賽銭をあげて拝む。 「祠に-・して石室に憩ひ/不二高根 麗水


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「さいする」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

さいするのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



さいするのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2020 Weblio RSS