荘園制度とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 荘園制度の意味・解説 

荘園

(荘園制度 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/04 02:44 UTC 版)

荘園(しょうえん)は、公的支配を受けない(あるいは公的支配を極力制限した)一定規模以上の私的所有・経営の土地である。なお、中世西ヨーロッパ中央ヨーロッパに見られたmanor(英語)、Grundherrschaft(ドイツ語)の訳語としても用いられている。


  1. ^ 高橋芳郎「宋元代の奴婢・雇庸人・佃僕の身分について―法的身分の形成と特質―」(『北海道大學文學部紀要』26巻2号、1978年)後に高橋『宋-清身分法の研究』(北海道大学図書刊行会、2001年)に収める


「荘園」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「荘園制度」の関連用語

荘園制度のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



荘園制度のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの荘園 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS