震災特需とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 震災特需の意味・解説 

震災特需

読み方:しんさいとくじゅ

震災発生に伴う急激な需要の高まり。

巨大地震によって倒壊損壊した建築物補修インフラ復旧や、震災不安背景とする備蓄食料防災グッズなどが、震災特需の対象となりやすい。

2011年3月発生した東日本大震災では、東京電力福島第一原子力発電所における原発事故影響を受けて、ガイガーカウンター放射線測定カードのような放射線測定装置特需発生した。また、電力不足の影響から、クールビズや省エネタイプの家電についても特需発生している。

震災特需

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/27 19:19 UTC 版)

震災特需(しんさいとくじゅ)とは、震災発生に伴う特別な需要特需)。


[ヘルプ]


「震災特需」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「震災特需」の関連用語

震災特需のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



震災特需のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの震災特需 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS