震災自殺とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 震災自殺の意味・解説 

震災自殺

読み方:しんさいじさつ

震災発生ならびに震災直接原因する困難や喪失を苦にして自殺すること。家や財産を失った、家族を失った、職を失って将来悲観した、などといった喪失感絶望感などにより、思い詰め自殺に至るケースが多いとされる

2011年3月発生した東日本大震災でも多数の震災自殺者が出ているとされている。また、震災併発した東京電力福島第一原子力発電所原発事故でも、酪農家男性自殺するなど、原発起因する自殺例が複数例生じている。

震災自殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/02 10:18 UTC 版)

震災自殺(しんさいじさつ: 英語: suicide related to the earthquake)とは震災が発生したことが原因となって生じる自殺。震災が原因での死者であるが、死亡することとなった原因が、震災で財産家族を失ったことであるなどといった直接的な地震の肉体的な被害で無いということが特徴。




「震災自殺」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「震災自殺」の関連用語

震災自殺のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



震災自殺のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの震災自殺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS