震災離婚とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 震災離婚の意味・解説 

震災離婚

読み方:しんさいりこん

震災きっかけ夫婦離婚に至ること。

震災のような非常事態直面した際に、それまで互いに気づかれなかった互い本性価値観違いなどがむき出しとなり、破局する例が急増するという。

震災離婚は1995年阪神・淡路大震災でも取り沙汰されたが、2011年東日本大震災でも離婚率平時比べ急増しているという。

なお、大震災きっかけに、それまで交際していた男女結婚決意するケース見られ新聞などで報道されている。

関連サイト
あつれき - 阪神大震災記録しつづける会

震災離婚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/23 15:20 UTC 版)

震災離婚(しんさいりこん)とは社会において見られる離婚の形態。これは東日本大震災などといった震災が発生したことをきっかけとして夫婦離婚するということである。震災離婚に至ることとなった要因というのは、主に震災を機に価値観の違いが夫婦関係を維持できないレベルにまで達してしまうことになる。




「震災離婚」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「震災離婚」の関連用語

震災離婚のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



震災離婚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの震災離婚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS