離婚式とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 離婚式の意味・解説 

離婚式

読み方:りこんしき

夫婦これまでの夫婦生活区切りをつけ、離婚宣言し、互いに新しい生活へ向かうために催される式典結婚式逆に引き離す儀式であり、元夫が「旧郎」で元妻が「旧婦」、旧郎旧婦の間を取り持つ仲介人は「裂人」、などと言う婚姻発展的解消のための儀式として注目されている

離婚式

作者岡孝

収載図書離婚式
出版社新風舎
刊行年月2000.12


離婚式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/29 02:55 UTC 版)

離婚式(りこんしき)とは離婚を決めた夫婦が、離婚にあたって人生の区切りをつけるために行う儀式。この言葉は知恵蔵2013に掲載された。知恵蔵によるとこれは日本国内では1990年代以降よりメディア作品の中で離婚式が行われている事などから広まっている事柄であるとの事。だが古くは1963年エプロンおばさんで離婚式の存在が見られる、1966年夫婦百景 (テレビドラマ)でも離婚式が見られた。歴史上ではジョゼフィーヌ・ド・ボアルネの項で1810年に離婚式を行ったとの記述が見られる。今の日本では寺井広樹が有名な離婚式プランナーとして知られている。




「離婚式」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「離婚式」の関連用語

離婚式のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



離婚式のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの離婚式 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS