離婚後共同親権とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 離婚後共同親権の意味・解説 

離婚後共同親権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/20 15:14 UTC 版)

離婚後共同親権(りこんごきょうどうしんけん)とは、日本の民法では夫婦は離婚時に父母のどちらかを親権者に指定する必要があることから(離婚後の単独親権、民法第819条)、離婚後も子の親権について父母双方が共同して権利義務を有するものと改めるべきという議論。国際的には共同の親権や共同の子育てをベースに結婚しているときと同様に離婚後も原則として父母が共同で親権を行使する制度が主流であることから議論がある[1]


  1. ^ 世界の離婚事情…日本は「子どもに対する責任」が曖昧【棚村教授に聞く・上】 弁護士ドットコム、2017年5月28日
  2. ^ [1]面接交渉調停
  3. ^ [2]民法の一部を改正する法律案要綱
  4. ^ 育ち・育む”応援”プラン [3]ひとり親家庭になったとき
  5. ^ [4]家庭裁判所シンポジウム「離婚と子どもII―共同親権を考える」
  6. ^ 日本家族〈社会と法〉学会
  7. ^ 在日米国大使館
  8. ^ 在日米国大使館
  9. ^ Kネット
  10. ^ 2010.3.9 衆議院法務委員会 
  11. ^ American Coalition for Fathers and Children Child Custody, Access and Parental Responsibitity, Executive Summary ⅳ
  12. ^ Birks, Stuart (June 2002). INCLUSION OR EXCLUSION II:WHY THE FAMILY COURT PROTESTS?". Centre for Public Policy Evaluation College of Business, Massey University. Retrieved on 2007-04-13.
  13. ^ 棚瀬一代 『離婚で壊れる子どもたち : 心理臨床家からの警告』 光文社〈光文社新書〉、2010年。ISBN 9784334035501 
  14. ^ Greif, Geoffrey L. (1997), Out of touch: when parents and children lose contact after divorce, Oxford [Oxfordshire]: Oxford University Press, ISBN 0-19-509535-9 
  15. ^ NHKニュース H22.3.9
  16. ^ Shared parenting ISBN 978-1587613463
  17. ^ Joint Custody & Shared Parenting ISBN 978-0898624816
  18. ^ Planing for Shared Parenting
  19. ^ The Best Parent Is Both Parents: A Guide to Shared Parenting in the 21st Century ISBN 978-1878901569
  20. ^ Parenting after Dicorce ISBN 978-1886230842
  21. ^ Parenting Plans オーストラリア政府
  22. ^ The American Bar Association Guide to Family Law The American Bar Association; 1996 "Although divorces may be emotionally contentious, most divorces (probably more than 95 percent) do not end up in a contested trial. Usually the parties negotiate and settle such things as division of property, spousal support, and child custody between themselves, often with an attorney’s help."
  23. ^ How do I Avoid Child Custody Battles?
  24. ^ Lamb, Michael E.; Professor Michael E. Lamb (2010), The role of the father in child development (5 ed.), New York: Wiley, p. 209, ISBN 0-470-40549-X 
  25. ^ Webster Watnik (2003), Child Custody Made Simple: Understanding the Laws of Child Custody and Child Support (Revised ed.), Single Parent Press, p. 32, ISBN 0-9649404-3-4 


「離婚後共同親権」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「離婚後共同親権」の関連用語

離婚後共同親権のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



離婚後共同親権のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの離婚後共同親権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS