三行半とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 三行半の意味・解説 

みくだり‐はん【三行半/三下り半】

《三行半に書く習慣から》江戸時代、夫から妻への離縁状俗称離縁する旨と、妻の再婚許可する旨をいたもの転じて離縁すること。「—を突きつける


三行半

読み方:ミクダリハン(mikudarihan)

江戸時代離縁状俗称

別名 三下半


三行半

作者佐藤雅美

収載図書お尋者物書同心居眠り
出版社講談社
刊行年月1999.1

収載図書お尋者物書同心居眠り
出版社講談社
刊行年月2002.6
シリーズ名講談社文庫


三行半

読み方:みくだりはん

  1. 妻への離縁状。昔三行半に書くを習慣としたるよりいふ。
  2. 離縁状のことをいふ。昔は離縁状を三行半に書いたといふから起つたもの。〔情事語〕
  3. 離縁状のことをいふ。
  4. 離縁状のこと、昔は三行半に書くのを例としたから。

分類 俗語情事

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

離縁状

(三行半 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/16 09:14 UTC 版)

離縁状(りえんじょう)とは、江戸時代に庶民が離婚する際、妻から夫、夫から妻(または妻の父兄)に宛てて交付する、離婚を確認する文章である。


  1. ^ 「徳川時代の婚姻法」『法制史論集第一巻』(岩波書店、1925年)P480.
  2. ^ 『日本法制史概説』(創文社、1948年)P586.
  3. ^ 『日本法制史』(角川書店、1959年)P476.
  4. ^ 『日本法制史(一)』(有斐閣、1949年)P300.
  5. ^ 「武士の三くだり半」藩法研究会 編『幕藩法の諸相-規範・訴訟・家族-』(汲古書院、2019年) ISBN 978-4-7629-4230-3 P259-304.
  6. ^ 高木、2019年、P259.
  7. ^ 高木、2019年、P263-264.
  8. ^ 鸚鵡籠中記』宝永2年正月7日条
  9. ^ 高木、2019年、P264-290.
  10. ^ 高木、2019年、P296-298.
  11. ^ 高木、2019年、P291-296.
  12. ^ 新潟日報国内初、妻からの離縁状を確認の魚拓[要出典]
  13. ^ a b c 高木 2014, p. 239.
  14. ^ a b c d e 高木 2014, p. 240.
  15. ^ 高木 2014, p. 241.


「離縁状」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三行半」の関連用語

三行半のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



三行半のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの離縁状 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS