Weblio 辞書 > 金融コラム一覧 > 株式投資で評価益が出た時の対処法

株式投資で評価益が出た時の対処法

 

株式投資における評価益とは、その時点で手持ちの株式を売却すると利益が発生することです。

ここでは、株式投資で評価益が出た時の対処法を紹介します。

▼利益確定売り
利益確定売りとは、手持ちの株式を利益が発生した状態で売却して取引を終えることです。

例えば、1株500円の株式を1000株購入して、1株600円の時に売却すると10万円の利益になります。

(600円-500円)×1000株=10万円

利益確定売りのメリットは、取引を終えた時点で利益が発生することです。また、手持ち資金が増えるため、他の銘柄を買うことができます。

一方、利益確定売りのデメリットは、その後にさらに株価が上昇した場合、その分の利益が獲得できないことです。しかし、「利食い千人力」、「利食いは腹八分」という格言があるように、ある程度の利益が発生したら利益確定売りするのが一般的な投資方法です。

▼上値追い
上値追いは、手持ちの株式を保有したままさらに利益の拡大を狙う方法です。

上値追いのメリットは、さらに利益を拡大させることができる点です。また、長期保有することで、配当金や株主優待などが受け取れることもあります。

一方、上値追いのデメリットは、評価益が今よりも減ってしまう可能性があることです。また、取引を終えないので手持ち資金は増えません。

▼ナンピン
ナンピンとは、手持ちの株式をさらに買い増しすることです。

株価のさらなる上昇が期待できると判断した時に、さらに株式を買い増しすることでより大きい利益が期待できます。例えば、1株500円の株式を1000株購入して、株価が600円になった時に1000株を新規に購入します。これにより、さらに株価が上昇して700円になれば、評価益は30万円になります。

評価益=(700円-500円)×1000株+(700円-600円)×1000株=30万円

ナンピンのデメリットは、買い増した分だけ手持ち資金が減少することです。また、買い増した後に株価が値下がりすると、損失額が大きくなるということです。

(2012年07月07日更新)




カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

検索ランキング

©2022 GRAS Group, Inc.RSS