大人の発達障害とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 大人の発達障害の意味・解説 

大人の発達障害

読み方:おとなのはったつしょうがい
別名:成人発達障害

成人社会人として生活する中で、発達障害顕在化して苦し発達障害者。および、そうした大人の発達障害者を社会現象社会問題として捉え見方を指す語。

従来発達障害児童中心とした未成年者問題として認識されることが多かった。しかし、昨今では、幼少期には特に問題にはならずに生活し、社会人になってひとり立ちしてから、仕事支障を来たすなどの形で障害苦しむ人も多いとされており、あらたな社会問題として認識されつつある。

発達障害やAD/HDの治療薬にはメチルフェニデートなどがあるが、メチルフェニデート基本的に18歳以上の患者対す使用認められていない2011年8月に、18未満時にメチルフェニデート使用経験ある患者限り成人した後も使用することが認められた。

関連サイト
発達障害情報センター - 厚生労働省
【AD/HD治療薬「コンサータ」】18歳以上の継続使用解禁‐厚労省が通知 - 薬事日報

大人の発達障害

発達障害は、脳機能発達偏り起因する先天的疾患乳幼児から18未満までの発達期に判明することが多いため、従来は子どもに特有の障害考えられがちでしたが、近年大人になるまで障害と気づかずに見過ごされ、社会へ出てから、仕事対人関係に対応しきれなくなって初め認識するケースが増えています。これを「大人の発達障害」と呼びます。大人の発達障害を抱えている人は、仕事職場にうまく適応できず、うつ病依存症などを併発する可能性も高いことから、企業においても新たな人事課題として対応が求められています。

 

大人の発達障害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/22 16:44 UTC 版)

大人の発達障害(おとなのはったつしょうがい)とは、発達障害者のうち、主に大学生以上の成人期の人及びそれに関連する問題に関して用いられる用語である。


  1. ^ 『発達障害に気づかない大人たち』18~20ページより。
  2. ^ 日経メディカルオンライン「コンサータ:日本初のAD/HD治療薬」2007年11月15日 日経BP 2010年5月19日閲覧
  3. ^ ヤンセンファーマ株式会社「コンサータ錠の適正流通管理について」2007年12月19日 2010年5月13日閲覧
  4. ^ 日本イーライリリー「開発中の新薬」2010年5月13日閲覧


「大人の発達障害」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大人の発達障害」の関連用語

大人の発達障害のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大人の発達障害のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2020 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大人の発達障害 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS