自動車運転過失致死傷罪とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 自動車運転過失致死傷罪の意味・解説 

自動車運転過失致死傷罪

読み方:じどうしゃうんてんかしつちししょうざい

自動車の運転上必要な注意怠り、人を死傷させた場合成立する罪のこと。

自動車運転過失致死傷罪は、2007年の「刑法一部改正する法律」により新しく新設された。

自動車運転過失致死傷罪は、刑法211条により規定されている。自動車運転過失致死傷罪に問われると、7年以下の懲役、あるいは、禁錮、あるいは、100万円以下の罰金に処せられる。ただし、情状によっては免除される場合がある。

関連サイト
刑法

自動車運転過失致死傷罪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/17 08:17 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

自動車運転過失致死傷罪




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自動車運転過失致死傷罪」の関連用語

自動車運転過失致死傷罪のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



自動車運転過失致死傷罪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自動車運転過失致死傷罪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS