ひなさきとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 隠語辞典 > ひなさきの意味・解説 

ひな さき [0] 【雛・雛

烏帽子(えぼし)前面のくぼみの中央の小さく突き出た所。
陰核。 〔和名抄

比奈佐岐

読み方:ひなさき

  1. 陰核を云ふ。「吉舌」又は「雛尖」とも書す。「ひなさき」は「火の穴のさき」ならんと大槻如電翁語れり、松岡調翁は「火の門鉾(とさき)」かと説けり。
  2. 吉舌陰核古語雛尖。紅舌。「きつぜつ参照。火の穴のさき或は火の門鉾(トサキ)より転ぜしものといひ又、烏帽子中央やや小さく尖れる部分をひなさきといふより起るともいへり。尚諸説あり。「穴おかし」に「陰門のうち車寄めくものをひなさきとよぶは何のいはれにかあらむ、つくづく思ふにひなも亦ひだなり。ししむらのたたまれる所故にいふなるべし、さきとはもののなりいでたる所をいふ名なればなり。からくにの人は口の舌あるになずらへ吉舌とぞいふめる」とあり。又「柳亭記」には「漢語抄に陰門比奈登可書姫戸、姫者女子通称云々、此説によれば吉舌をヒナサキといふは女門先の略なり」と出で、「屠壟随筆」に「順の和名抄の陰の部類に雛先といふものを出されたるはいかなるところをいふとも知れざれども文字について思ふ女陰の雛のとさかの如くなるところを云ふにや、覚束なし」とあり。「和名抄」に「吉舌和名比奈佐岐」。「袋法師」に「ひなさきのしもさきをとかくねぶりわたせば」。又「花の幸」に「額ふくらかさしいで吉舌(ひなさき)赤に紫をかけたり」とあり。
  3. 吉舌の称。『和名抄』に「吉舌和名比奈佐岐」とあり。
  4. さね(陰核)のこと、ヒナは女、女の先に出たものの意。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ひなさき」の関連用語

ひなさきのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ひなさきのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
皓星社皓星社
Copyright (C) 2018 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2018 Weblio RSS