笠戸丸とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 乗り物 > > 船名 > 笠戸丸の意味・解説 

笠戸丸


笠戸丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/04 01:11 UTC 版)

笠戸丸(かさとまる、Kasato Maru)は、明治時代後期から終戦にかけて移民船や漁業工船などに使われた鋼製貨客船。明治時代後期から昭和初期にかけて、外国航路や台湾航路用の船舶として用いられた。ハワイブラジルへ移民が開始された時に移民船として使われたことでもよく知られている(移民用としては、船底の貨物室を蚕棚のように2段に仕切って使用した。最大1000人程度の移民を収容できたようである)。その後漁業工船に改造され、漁業会社を転々とする。最後は、貨客船として最初に籍を置いた国であるロシア帝国の事実上の後継国にあたるソ連の手によって、太平洋戦争終結直前カムチャツカ沖で爆沈されるといった数奇な運命をたどった。




「笠戸丸」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「笠戸丸」の関連用語

笠戸丸のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



笠戸丸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
商船三井120年の船商船三井120年の船
Copyright 2019 Mitsui O.S.K. Lines Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの笠戸丸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS