しらす干しとは?

Weblio 辞書 > 食品 > 食品成分表 > しらす干しの意味・解説 

しらす‐ぼし【白子干し/白子乾し】

主にカタクチイワシ稚魚塩ゆでにして干し食品。《 春》

白子干し/白子乾しの画像

ちりめんじゃこ

(しらす干し から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/24 21:15 UTC 版)

ちりめんじゃこ(縮緬雑魚)は、イワシ類(カタクチイワシマイワシウルメイワシシロウオイカナゴなど)の仔稚魚(シラス)を食塩水で煮た後、天日などで干した食品[3]。ごく小さな魚を平らに広げて干した様子が、細かなしわをもつ絹織物のちりめん(縮緬)を広げたように見えることからこの名前がついた[3]。魚そのものはシラスといい、固く干さない状態のものはその名で呼ばれることもある。




「ちりめんじゃこ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「しらす干し」の関連用語

しらす干しのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



しらす干しのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのちりめんじゃこ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS