しょとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 時期 > 初め > しょの意味・解説 

しょ

[接頭]動詞形容詞に付いて、その意味を強める。「しょびく」「しょむずかしい


しょ【所】

接尾場所の数を表すのに用いる。「西国三十三所」「一か所」


しょ【暑】

[音]ショ(呉)(漢) [訓]あつい

学習漢字3年

あつい。あつさ。「暑気炎暑寒暑向暑酷暑残暑避暑猛暑

あつい季節。「暑中小暑大暑

名のり]あつ・なつ


しょ【×曙】

人名用漢字] [音]ショ(漢) [訓]あけぼの

あけぼの明けがた。「曙光曙色

名のり]あきら・あけ


しょ【書】

[音]ショ(呉)(漢) [訓]かく ふみ

学習漢字2年

文字かきしるす。「書記書写朱書浄書大書代書板書

一定のかき方でかいた文字。「書画書道楷書(かいしょ)・草書篆書(てんしょ)」

事柄かきつけたもの。文書手紙。「書簡書類遺書願書証書信書投書封書返書密書

本。書物。「書籍書店書物古書司書辞書叢書(そうしょ)・蔵書著書図書読書洋書

書経」のこと。「詩書

名のり]のぶ・のり・ひさ・ふむ・ふん


しょ【×渚】

人名用漢字] [音]ショ(呉)(漢) [訓]なぎさ

打ちぎわ。なぎさ。「汀渚(ていしょ)」

[補説] 「渚」「渚」ともに人名用漢字


しょ【×疏】

経典注釈また、その書物。そ。


しょ【×沮/×疏】

〈沮〉⇒そ

〈疏〉⇒そ


しょ【初】

[音]ショ(漢) [訓]はじめ はじめて はつ うい そめる うぶ

学習漢字4年

[一]ショ

物事のはじめ。はじめの時期段階。「初夏初期初級初心初代初頭初歩最初太初当初年初

その時はじめて。経験上はじめての。「初学初見初婚初任初対面

[二]〈はつ〉「初恋初耳初雪

[三]〈うい〉「初陣

名のり]もと


しょ【緒】

物事糸口。はじめ。ちょ。


しょ【書】

【一】

毛筆文字書くことまた、その書き方書道。「書を習う」

書かれた文字筆跡。「空海の書」

書物。本。「書をひもとく」「万巻の書」

手紙書簡。「書をしたためる

【二】書経」の略。


しょ【×藷】

[音]ショ(漢) [訓]いも

イモサツマイモ。「甘藷(かんしょ)」

難読甘藷(さつまいも)


しょ【×蔗】

[音]ショ(慣) シャ(呉)(漢)

の名。サトウキビ。「蔗境(しゃきょう)・蔗糖(しょとう)/甘蔗(かんしゃかんしょ)」

難読甘蔗(さとうきび)


しょ【署】

消防署」「税務署」などの略。

特に「警察署」の略。「署まで連行する」


しょ【×黍】

[音]ショ(呉)(漢) [訓]きび

[一]ショ穀物の名。キビモチキビ。「黍稷(しょしょく)」

[二]〈きび〉「砂糖黍(さとうきび)」


しょ【署】

[音]ショ(漢)

学習漢字6年

人員配置する。割り振られた役目。「部署

役所。「署員署長官署分署本署警察署

書きつける。「署名自署連署


しょ【諸】

[音]ショ(漢) [訓]もろ もろもろ これ

学習漢字6年

[一]ショ多くの。もろもろの。「諸君諸侯諸国諸派諸般

[二]〈もろ〉「諸手諸肌

名のり]つら・もり


しょ【所】

[音]ショ(呉) [訓]ところ

学習漢字3年

[一]ショ

何かが行われるところ。何かがあるところ。場所。地点箇所。「急所居所近所死所地所住所寝所随所短所長所屯所配所便所墓所名所要所

特定の業務を行う施設。「所長開所支所入所役所刑務所研究所

動作行為を表す語に冠して「…するところ」「…するもの」の意を示す。「所感所在所産所信所属所得所有所要

[二]〈ところ(どころ)〉「居所米所台所見所紋所

名のり]ど・のぶ 

難読彼所(あそこ)・所有(あらゆる)・在り所(か)・所謂(いわゆる)・此所(ここ)・所為(せい)・其所(そこ)・何所(どこ)・臥し所(ど)・政所(まんどころ)・所以(ゆえん)・余所(よそ)・他所(よそ)


しょ【緒】

常用漢字] [音]ショ(漢) チョ(慣) [訓] いとぐち

[一]ショ

物事はじまり発端いとぐち。「緒言緒戦緒論端緒由緒

ある事から引き起こされる思い。「情緒心緒

[二]チョ[一]に同じ。「緒言情緒

[三]〈お〉ひも・糸の類。「鼻緒

名のり]つぐ


しょ【処〔處〕】

[音]ショ(漢) [訓]おる おく とこ

学習漢字6年

ある場所に身をおく。おる。「処世

世の中に出ないで家にいる。「処士処女出処

物事しかるべく取りさばく。「処刑処断処置処罰処分処方・処理/善処対処

ところ。場所。「処処死処随処

名のり]おき・さだむ・すみ・ふさ・やす

難読在り処(か)・何処(いずこ)・何処(どこ)・彼処(かしこ)・彼処(あそこ)・此処(ここ)・住み処(か)・止め処(ど)


しょ【且】

常用漢字] [音]ショ(慣) シャ(呉)(漢) [訓]かつ しばらく

しばらく。とりあえず。「苟且(こうしょ)」

難読苟且(かりそめ)


しょ【×杵】


しょ【暑】

暑いこと。暑い時節また、その暑さ。「暑を避ける」《 夏》「熱きをふくみつつ—に堪へてをり/虚子」⇔寒。

二十四節気小暑大暑時期。暦の上立秋8月8日ごろ)までの約30日間。また、夏土用18日間の称。⇔寒。


しょ【×薯】

[音]ショ(漢) ジョ(呉) [訓]いも

ヤマノイモ。また広くイモ。「薯蕷(しょよ)/甘薯自然薯(じねんじょ)・馬鈴薯

難読仏掌薯(つくねいも)・薯蕷(やまのいも)


しょ【庶】

常用漢字] [音]ショ(呉)(漢) [訓]こいねがう

一般の人。もろびと。「庶民士庶衆庶

もろもろの。いろいろな雑多な。「庶政庶務

正妻でない女性から生まれた子。「庶子庶出

こいねがう。「庶幾

名のり]ちか・もり・もろ

難読庶幾(こいねが)う


しょ

しょ1 [感] じゃんけん掛け声じゃんけんしょ」または「あいこでしょ」の省略形。〈子(全)〉

しょ

しょ2 [終助] でしょう。「うちのラーメンうまいしょ。」〈全〉

【しょー、しょ】 しょー、しょ

塩、または醤油を指すこともある

~しょ

[変]=衆(しゅう)=集団人々大勢の人 ・「女っしょ」「男しょ」「わけえ(若い)しょ」

しょ・う

[変]=背負(せお)う ・「しょう」ではなく「しょ」と「う」をしっかり言う。

しょ

方言共通語使用例または説明
しょ衆、人達「北蒲原の しょ は 鼻から 声が 出るね」(北蒲原の人達は鼻から声を出しますね)

しょう、しょ

大阪弁 訳語 解説
しょう、しょ しよう
let's do
「する」の意向形。「せう」の転。「来る」と同じく変格動詞意向形は「~よう」がついたものではない。ままごとしょ、ええことしょうか、はよしょうや。


読み方:しょ

  1. 警察本分署。〔第五類 一般建物
  2. 警察本分署のことをいふ。〔犯罪語〕

分類 犯罪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
しょ



しょと同じ種類の言葉


品詞の分類

接尾語さぶ  しな  しょ  すが  すがら
接頭語しみ  しゃ  しょ  ずい  たな

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「しょ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||


4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

しょのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



しょのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
北海道方言辞書北海道方言辞書
Copyright © 1997-2021 by akaringo. All rights reserved.
茨城王茨城王
copyright 2000-2021. ibaraking all rights reserved.
あがつま語☆実用会話講座あがつま語☆実用会話講座
Copyright (C) 2021 あがつま語☆実用会話講座 All rights reserved.
新潟県田上町の方言新潟県田上町の方言
Copyright (C) 2021 Akira Hasegawa All rights reserved.
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2021 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS