砂糖黍とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > 多年草 > 砂糖黍の意味・解説 

さとう‐きび〔サタウ‐〕【砂糖×黍】

イネ科多年草。高さ2〜4メートル中空ではなく節があるの汁を絞って砂糖甘蔗糖(かんしょとう))作るニューギニアとその周辺原産で、日本では主に沖縄九州栽培される。甘蔗砂糖竹。《 秋》「にして主婦が買ひ来し—/誓子

砂糖黍の画像

サトウキビ

サトウキビ
科名 イネ科
別名: -
生薬名: カンショ甘蔗
漢字表記 砂糖黍
原産 ニュギニア
用途 インド原産多年草で、薬草として伝来しました。のしぼり汁から蔗糖作り、更に精製したもの砂糖となります。しぼりかすパルプ原料飼料とします。
学名: Sacchrum officinarum L.
   

さとうきび (砂糖黍)

Saccharum officinarum

Saccharum officinarum

Saccharum officinarum

Saccharum officinarum

インドガンジス川流域原産です。紀元前4世紀には地中海地方にもたらされわが国へは江戸時代初め中国から渡来しています。熱帯亜熱帯地域栽培され、高さは3メートルほどになります。節を含む増殖します。砂糖原料となり、搾り粕も燃料飼料パルプなどに利用されます。別名で「かんしょ甘蔗)」とも呼ばれます。
イネ科ワセオバナ属の多年草で、学名Saccharum officinarum。英名は Sugar cane
イネのほかの用語一覧
ヤダケ:  矢竹  辣韮矢竹
ヨシ:    蔓葦
ラカンチク:  羅漢竹
ワセオバナ:  ラベンナグラス  砂糖黍

砂糖黍

読み方:サトウキビ(satoukibi)

イネ科多年草園芸植物薬用植物

学名 Saccharum officinarum


砂糖黍(さとうきび)

多年性大型イネ科植物で、そのには多量糖分を含む。別名を甘蔗かんしゃ)といい、「カンショ」と通称される。年平均気温20゚C以上、年間降雨量1,200~2,000mmの地域栽培に適し、わが国では鹿児島県奄美諸島沖縄県全域栽培されるが、特に南大東島与那国島宮古島生産地として有名。一般に植えてから一年ないし一年か月収穫されるが成熟度は気候により左右され、穂の伸びをみて糖度判定する。糖分含量1020%に達するのは奄美諸島では二月で、をもとから切り取る収穫の手作業が続くので「痩(えー)二月」すなわちやせる二月といわれる島津琉球入り後、田地奉行となった儀間真常ぎましんじょう)は元和九(1623)年、中国福州に人を送り製糖法を習得させ、正保三(1646)年、琉球王府砂糖専売制度始めた。奄美大島の『和(にぎ)家文書』(186年ごろ)によると和家の先祖三和良(さわら)が屋喜内間切(まぎり)(郷)の役人和知の供をし琉球でカンシャの植付けから製糖技術までを習得元禄三(1690)年に帰島し、これを奄美広めたという。なお、大島大和村の川智(かわち)翁が慶長一四(1609)年中国に漂着し、カンシャの国禁犯し持ち帰り、これを広めたという説もあるが史実性に乏しい。薩摩藩元禄八(1695)年、サトウキビ植付け栽培製糖監督する役人奄美配置し、文政のころ(1818~30年)いは黒糖成人一人当たり約120キロ上納させた。奄美黒糖製造重要視した薩摩藩サトウキビ収穫製糖期における島民焼酎製造禁止していた。

砂糖黍

読み方:サトウキビ(satoukibi)

作者 内田百閒

初出 昭和16年

ジャンル 随筆


サトウキビ

(砂糖黍 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/17 04:42 UTC 版)

サトウキビ(砂糖黍、甘蔗、学名Saccharum officinarum)は、イネ科サトウキビ属の植物砂糖の原料になる。




  1. ^ サトウキビ国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス)
  2. ^ ヲゥージ:沖縄言語研究センター首里・那覇方言音声データベース
  3. ^ “与那国、キビに枯れあがり 7月の雨、平年の4分の1”. 八重山毎日新聞. (2014年8月27日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/25687/ 2014年8月30日閲覧。 
  4. ^ ラム酒大全 - ISBN 4416516134
  5. ^ 佐藤次高『砂糖のイスラーム生活史』(岩波書店)P17-40
  6. ^ 牧野富太郎『原色牧野植物大図鑑』、1982年、p666。
  7. ^ 国際連合食糧農業機関(FAO)『Production Yearbook 2002』
  8. ^ 売り切れ御免 伝統の甘味/日本最北限のサトウキビ畑と「よこすかしろ」『日本農業新聞』2021年1月18日6面
  9. ^ 本邦初の本土向けサトウキビ育成品種「黒海道(くろかいどう)」
  10. ^ 『地理統計要覧 2018年版』(二宮書店ISBN 978-4-8176-0429-3)P63


「サトウキビ」の続きの解説一覧

砂糖黍

出典:『Wiktionary』 (2017/12/09 15:57 UTC 版)

名詞

砂糖黍さとうきび

  1. イネ科サトウキビ属の植物甜菜と同じ砂糖原料となる。

関連語

翻訳




砂糖黍と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「砂糖黍」の関連用語

砂糖黍のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



砂糖黍のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2021, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2021 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
本格焼酎と泡盛本格焼酎と泡盛
Copyright (C) 日本酒造組合中央会 2021.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサトウキビ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの砂糖黍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS