黍とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > 一年草 > の意味・解説 

きび [1] 【黍・稷

イネ科一年草縄文弥生時代中国から伝来した穀物は高さ1メートル 内外長く線形。夏から秋にかけ、茎頂長さ20センチメートル花穂出し小穂多数つけて垂れ下がる穎果えいか)はアワより少し大きく、糯(もち)と粳(うるち)の二種がある。 [季] 秋。

きみ 【黍・稷

植物キビ古名。 「なつめ)-に粟次ぎ延()ふ後も逢はむと/万葉集 3834

読み方:ショsho

面積の単位名。


きび (黍)

Panicum miliaceum

Panicum miliaceum

インド東部原産です。わが国へは弥生時代中国から渡来しました。古くから五穀のひとつとされ、盛んに栽培されてきましたが、今では長野県岩手県細々栽培されている程度です。うるち種ともち種があり、高さは1~2メートルになります種子黄色いことから古くは黄実(きみ)と呼ばれ、それが転訛して「キビ」となりました。種子は、うるち種は炊き込み用に、もち種は蒸して餅や飴、また粉にして団子などに加工されます。家畜飼料になります写真は、もち種の「きび信濃1号」。
イネ科キビ属一年草で、学名Panicum miliaceum。英名は European millet, Common millet
イネのほかの用語一覧
カンチク:  寒竹  稚児寒竹
キビ:  糠黍  黍
クサヨシ:  十和田葦  斑入り草葦  草葦



読み方:モチキビ(mochikibi)

黍の品種


読み方:キビkibi

イネ科属す一年草で、外観イネに似るがたけ高く、は幅が広く倒れやすい

季節

分類 植物


キビ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/28 00:06 UTC 版)

キビ(黍、稷、学名:Panicum miliaceum)は、イネ科一年草で、穀物の一種。日本では五穀の一つとされる。




  1. ^ 文部科学省、「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  2. ^ a b c d e 平 宏和 『雑穀のポートレート』 錦房、2017年、4頁。
  3. ^ a b c 林弘子 1998, p. 94.
  4. ^ 『新編 食用作物』 星川清親 養賢堂 昭和60年5月10日訂正第5版 p353
  5. ^ a b c d 林弘子 1998, p. 95.


「キビ」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2011/07/10 14:34 UTC 版)

発音


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



黍と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黍」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||


5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

黍のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



黍のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2019 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキビ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS