かりそめとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > かりそめの意味・解説 

仮初

読み方:かりそめ
別表記:仮初め

一時的その場限りであること。また、間に合わせの、重要性の低いさま。あるいは、「仮初めにもと言った場合には、「軽々しく」といった意味合いで用いられる。

かり‐そめ【仮初め/苟且】

[名・形動

一時的なこと。また、そのさま。「―の恋」

ちょっとしたことふとしたこと。また、そのさま。「―の病」

いいかげんなこと。また、そのさま。「師の恩を―にしてはいけない」


かりそめ

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 15:22 UTC 版)

名詞

かりそめめ、苟

  1. 一時的その場限りのこと。
    • かりそめの恋。
  2. ちょっとしたこと。大したことのないこと。
    • かりそめの病。
  3. 軽々しくなおざりなこと。

発音

か↗りそめ

関連語

形容動詞

活用

ダ型活用
かりそめ-だ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「かりそめ」の関連用語

かりそめのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



かりそめのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのかりそめ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS