果敢無いとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > 果敢無いの意味・解説 

はか‐な・い【果無い/果敢無い/×儚い】

[形][文]はかな・し[ク]

束の間あっけないさま。むなしく消えていくさま。「―・い命」「―・い恋」

不確実であったり見込みがなかったりして、頼りならないさま。「―・い望み

めどがつかない見通しはっきりしない

大空かけはしなくばこそ通ふ―・き嘆きをもせめ」〈かげろふ・下〉

甲斐がない。無駄である。

行く水に数書くよりも―・きは思はぬ人を思ふなりけり」〈古今・恋一〉

取り立てていうほどではない。取るに足りない

「―・くうち使ふ調度なども」〈宇津保・俊蔭〉

思慮分別足りない未熟である。また、愚かである。

人々の花やとめづるこそ―・くあやしけれ」〈堤・虫めづる姫君

粗末である。みすぼらしい。

「―・き単衣萎えたるを着たるに」〈宇津保・俊蔭〉

[派生] はかなげ形動はかなさ[名]


果敢無い

読み方:ハカナイ(hakanai)

消えてなくなりやすい



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「果敢無い」の関連用語

果敢無いのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



果敢無いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2020 Weblio RSS