ペネトレーションテストとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ペネトレーションテストの意味・解説 

ペネトレーション‐テスト【penetration test】

読み方:ぺねとれーしょんてすと

侵入テスト


ペネトレーションテスト【Penetration test】


侵入テスト


ペネトレーションテスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 09:34 UTC 版)

本項では、ネットワークにおけるペネトレーションテストについて詳述する。


  1. ^ Krishna, Ananda (2019年10月31日). “Guide on Website Penetration Testing (Website Pentesting)” (英語). www.getastra.com. 2021年12月25日閲覧。


「ペネトレーションテスト」の続きの解説一覧

ペネトレーションテスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 00:27 UTC 版)

サイバーセキュリティ」の記事における「ペネトレーションテスト」の解説

詳細は「ペネトレーションテスト」を参照 ペネトレーションテストは実際の攻撃使われる手口そのまま利用する事で、人間検査システム攻撃をしかける事によりシステム弱点見つけシステム実際に攻撃されたときどこまで侵入されどのような被害発生するのか明らかにする検査であり、基本的に運用フェーズ行われる。ペネトレーションテストを実施するには攻撃手法に関する高度な知識必要とするため、セキュリティ企業依頼して実施する形が普通である実際の攻撃手法用いて検査を行うため、脆弱性のみならずシステム不適切な運用等発見できる。 その性質上、他の検査よりもシステム不具合生じさせる危険が大きいため、影響範囲事前に特定し復旧計画立てて実施する必要があるテスト対象システム構造テストする人(ペンテスター)が知っているホワイトボックステストシステム構造知らないブラックボックステストにわけられ、さらに攻撃開始する所がシステム外部である外部テストシステム内部である内部テストにわけられる

※この「ペネトレーションテスト」の解説は、「サイバーセキュリティ」の解説の一部です。
「ペネトレーションテスト」を含む「サイバーセキュリティ」の記事については、「サイバーセキュリティ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ペネトレーションテスト」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ペネトレーションテスト」の関連用語

ペネトレーションテストのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ペネトレーションテストのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JMCJMC
2023 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシー情報セキュリティ用語集
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ侵入テストの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのペネトレーションテスト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサイバーセキュリティ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS