パーティクル・ガン法とは?

Weblio 辞書 > 学問 > バイテク用語 > パーティクル・ガン法の意味・解説 

パーティクル・ガン法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/18 06:43 UTC 版)

パーティクル・ガン法は、遺伝子組換え技術のひとつ。タングステンなどの金属の微粒子にDNAをコーティングしたものを弾丸として、高速で射出して細胞内にDNAを導入する方法である。particle gun、biolistic (particle bombardment) transformation、microprojectile method とも言われる。




「パーティクル・ガン法」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パーティクル・ガン法」の関連用語

パーティクル・ガン法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パーティクル・ガン法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパーティクル・ガン法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS