原風景とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 原風景の意味・解説 

げん ふうけい [3] 【原風景】 〔primal scene〕

原体験から生ず様々なイメージのうち、風景の形をとっているもの。 「僕の-」
変化する以前の懐しい風景。 「日本の-」

原風景

作者藤林靖晃

収載図書子と。―藤林靖晃小説
出版社角川書店
刊行年月2005.11


原風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/06 21:25 UTC 版)

原風景(げんふうけい)は、人の心の奥にある原初の風景。懐かしさの感情を伴うことが多い。また実在する風景であるよりは、心象風景である場合もある。個人のものの考え方や感じ方に大きな影響を及ぼすことがある。




「原風景」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「原風景」の関連用語

原風景のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



原風景のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの原風景 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS