代表的な未来ロケットの原理とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 原理 > 代表的な未来ロケットの原理の意味・解説 

代表的な未来ロケットの原理(1)

プラスのイオンを電気的に加速する「電気ロケット」

推進剤(セシウムヨウ素など)を、電極によってプラスとマイナスイオンにし、プラスイオン加速電極により電気的に加速して噴射(ふんしゃ)します。イオンというのは、プラスもしくはマイナスの電気をもった粒子(りゅうし)のことで、プラスはマイナスに引かれマイナスはプラス引かれるという性質利用したしくみです。電気ロケット噴射ビームパワー小さいものですが、速度大きく長時間噴射することができます


液体水素を原子炉の熱で加熱する「原子力ロケット」

液体水素原子炉の熱によって加熱し、噴射します。化学ロケット比べ噴射速度格段に大きくまた、原子力エンジンに使うウラン燃料は、ごく小さいものでも大きな熱を長時間発生するので、ロケット機体軽くすることができるという利点あります


小型の核融合物質を爆発させて進む「核融合パルスロケット」

小型核融合物質連続して爆発させ、その爆発力反射プレートなどで受けて推進します。たとえば、連続爆発毎秒200回にもおよびます。



代表的な未来ロケットの原理(2)

水素原子を集めて核融合を起こす「星間ラムジェットロケット」

恒星間に希薄(きはく)に存在している水素原子集め核融合起こし、それを噴射して飛行します。1G加速ができ、長期間噴射(ふんしゃ)によって光の速度に近づけることができるため、恒星飛行用として有望視されているシステムです。


物質と反物質を反応させる「光子ロケット」

物質反物質反応させ、光に変えて、それを噴射(ふんしゃ)して進みます。光子(こうし)ロケット1935年ドイツゼンガーによって提案されたシステムで、SF(科学小説)にもよく登場しますが、光子を完全に100%反射させる反射鏡や、強い光を発する発光体開発など、技術的にはむずかしい問題多く実現可能性きわめて低いと思われます。





代表的な未来ロケットの原理と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

代表的な未来ロケットの原理のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



代表的な未来ロケットの原理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2019 Japan Aerospace Exploration Agency

©2019 Weblio RSS