ガソリン携行缶とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ガソリン携行缶の意味・解説 

ガソリン携行缶

読み方:ガソリンけいこうかん

ガソリン持ち運ぶために用いる缶の容器ガソリン携行するための缶。軽油持ち運ぶ容器は「軽油携行缶」という。

ガソリン携行缶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/14 16:58 UTC 版)

ガソリン携行缶(ガソリンけいこうかん)とは、ガソリンを持ち運ぶための容器のこと。日本では、2003年名古屋立てこもり放火事件後に携行缶以外のポリタンクなどへのガソリンの販売は禁止された[1]消防法で容器の材質、容量などの規格が定められ、ホームセンターカー用品店などで販売されている。市販品の多くは0.5 - 20リットル程度の容量だが、一つの金属製容器では最大60リットルまで法的には購入可能である[2]


  1. ^ この場合、消防法第13条第3項で罰せられるのはガソリンを入れた客であり[6]、同法第42条により6月以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられる。


「ガソリン携行缶」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ガソリン携行缶」の関連用語

ガソリン携行缶のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ガソリン携行缶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガソリン携行缶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS