コプト教会とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > コプト教会の意味・解説 

コプトきょうかい 【コプト(Copt)教会】

コプトキリスト教化したエジプト人をいい、その教徒をもいう。コプト教会は五世紀中頃アレクサンドリア主教中心として、ローマコンスタンチノープル教会から分離したもので、神性人性との融合キリスト単性説)を説く古代エジプト語から派生した言語三世以後エジプトキリスト教徒が用いた語をコプト語という。ギリシア文字を基にして表記し、一七世紀頃からは宗教用語として使用された。エジプトキリスト教美術コプト美術と呼ぶ。古代東方美術要素を採り入れ、肖像画織物優れており、五~六世紀全盛だった。

コプト正教会

(コプト教会 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/21 15:20 UTC 版)

コプト正教会(コプトせいきょうかい、コプト語Ϯⲉⲕ'ⲕⲗⲏⲥⲓⲁ 'ⲛⲣⲉⲙ'ⲛⲭⲏⲙⲓ 'ⲛⲟⲣⲑⲟⲇⲟⲝⲟⲥ英語:Coptic Christianity、Coptic Orthodox Church)は、キリスト教非カルケドン派東方諸教会)の一つで、エジプトで発展した。北アフリカイスラム化した後もエジプトに暮らすキリスト教徒コプト)の教会。コプト教会とも。


  1. ^ 貝原哲夫 (2011). “6-7世紀中部エジプトにおける宗教対立” (PDF). オリエント (日本オリエント学会) (54): 76. https://doi.org/10.5356/jorient.54.75. 
  2. ^ Religion and the Cold War: A Global Perspective. Vanderbilt University Press. (2012). p. 139. ISBN 978-0826518521 
  3. ^ 改宗は長くつらい道のり、エジプトのあるキリスト教徒の苦闘AFPBB News、2008年09月13日 22:11)
  4. ^ 日本にあるコプト正教会”. www.japancopticchurch.org. 聖母マリア・聖マルコ日本コプト正教会. 2019年4月16日閲覧。
  5. ^ 聖母マリア・聖マルコ日本コプト正教会
  6. ^ コプト正教会最高位・教皇が初めて来日”. 中外日報 2017年8月29日. 2017年9月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年9月4日閲覧。
  7. ^ 【速報】 アレキサンドリア教皇タワドロス2世が来日 京都で礼拝と記者会見” (日本語). キリスト新聞社ホームページ (2017年8月27日). 2019年4月16日閲覧。
  8. ^ 【報道発表】河野外務大臣とタワドロス2世・コプト教皇との会談” (日本語). 外務省. 2019年4月16日閲覧。
  9. ^ エジプト:青年の死が波紋…警察の暴力か逮捕時の事故か[リンク切れ]
  10. ^ 教会で自動車爆弾が爆発、21人死亡 エジプト (AFPBB News 2011年01月01日 17:37 発信地:カイロ/エジプト) (日本語)
  11. ^ a b c d e f コプト教会爆破事件、抗議デモが一部暴徒化 エジプト(AFPBB News 2011年01月03日 20:19 発信地:カイロ/エジプト) (日本語)


「コプト正教会」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コプト教会」の関連用語

コプト教会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



コプト教会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコプト正教会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS