裏帳簿とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 裏帳簿の意味・解説 

裏帳簿

読み方:うらちょうぼ
別名:B勘定B勘二重帳簿2重帳簿

経理上の隠蔽偽装を行った際の、本当経理内容記載した帳簿のこと。

裏帳簿は、表向き扱いたくない取引きがあった場合などに使われることが多い。そのような場合、表の帳簿には、虚偽経理内容記載して偽装し、裏帳簿に本当経理内容記載する。

なお、裏帳簿を作成するなどして経理上の隠蔽偽装を行った場合には、国税通則法により重加認定されることがあるまた、有価証券報告書虚偽記載該当した場合には、金融商品取引法により刑事罰を受けることもある。

裏金

(裏帳簿 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/24 23:32 UTC 版)

裏金(うらがね)とは、




「裏金」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「裏帳簿」の関連用語

裏帳簿のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



裏帳簿のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの裏金 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS