モリヌークス問題とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > モリヌークス問題の意味・解説 

モリヌークス問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/09 14:58 UTC 版)

モリヌークス問題(モリヌークスもんだい、Molyneux's Problem)は、哲学問題の一つ。 弁護士で光学研究の専門家でもあるウィリアム・モリノー(モリヌークス[1])(1656-1698)がジョン・ロックに宛てた書簡の中で示した疑問で、触角・視覚による認識の違いと経験についての問いである。


  1. ^ 1.他に、モリニュクス,モリヌーなど;外国人名読み方字典(Weblio辞書)"Molyneux"
    2.実際にMolyneuxの発音を聴くと,モリヌークス(アイルランド),モリニュー/モリンクス/モリヌークス(イギリス),モリヌ/モリヌー(フランス),モリニュークス(スペイン北西部,日本),モリヌークス/モリニュークス(イタリア),モリノー/モリンクス(アメリカ)など。発音サイト(フリー)(2015年8月25日試聴).
  2. ^ en:William Molyneux#Life
  3. ^ #外部リンク(Molyneux's Problem & Stanford Encyclopedia)に手紙原文
  4. ^ 「Molyneux's Problem」 & Stanford Encyclopedia of Philosophy.
  5. ^ a b c John Locke, An Essay Concerning Human Understanding, book 2, chapter 9:[1]

    "I shall here insert a problem of that very ingenious and studious promoter of real knowledge, the learned and worthy Mr. Molyneux, which he was pleased to send me in a letter some months since; and it is this:- "Suppose a man born blind, and now adult, and taught by his touch to distinguish between a cube and a sphere of the same metal, and nighly of the same bigness, so as to tell, when he felt one and the other, which is the cube, which the sphere. Suppose then the cube and sphere placed on a table, and the blind man be made to see: quaere, whether by his sight, before he touched them, he could now distinguish and tell which is the globe, which the cube?" To which the acute and judicious proposer answers, "Not. For, though he has obtained the experience of how a globe, how a cube affects his touch, yet he has not yet obtained the experience, that what affects his touch so or so, must affect his sight so or so; or that a protuberant angle in the cube, that pressed his hand unequally, shall appear to his eye as it does in the cube."- I agree with this thinking gentleman, whom I am proud to call my friend, in his answer to this problem; and am of opinion that the blind man, at first sight, would not be able with certainty to say which was the globe, which the cube, whilst he only saw them; though he could unerringly name them by his touch, and certainly distinguish them by the difference of their figures felt. This I have set down, and leave with my reader, as an occasion for him to consider how much he may be beholden to experience, improvement, and acquired notions, where he thinks he had not the least use of, or help from them. And the rather, because this observing gentleman further adds, that "having, upon the occasion of my book, proposed this to divers very ingenious men, he hardly ever met with one that at first gave the answer to it which he thinks true, till by hearing his reasons they were convinced."

  6. ^ ジョン・ロック 『人間知性論 1』 大槻春彦訳、岩波文庫、1972年、205頁。鳥居修晃 『先天盲開眼者の視覚世界』 東京大学出版会、2000年、6頁。の訳文を合成、一部改変
  7. ^ a b c d e (『哲学の歴史6』 2007, pp. 168-170)コラム<モリヌークス問題> 執筆者;一ノ瀬正樹
  8. ^ Muhammad ibn Abd al-Malik Ibn Tufayl and Leon Gauthier (1981), Risalat Hayy ibn Yaqzan, p. 5, Editions de la Mediterranee:[2]

    "If you want a comparison that will make you clearly grasp the difference between the perception, such as it is understood by that sect [the Sufis] and the perception as others understand it, imagine a person born blind, endowed however with a happy natural temperament, with a lively and firm intelligence, a sure memory, a straight sprite, who grew up from the time he was an infant in a city where he never stopped learning, by means of the senses he did dispose of, to know the inhabitants individually, the numerous species of beings, living as well as non-living, there, the streets and sidestreets, the houses, the steps, in such a manner as to be able to cross the city without a guide, and to recognize immediately those he met; the colors alone would not be known to him except by the names they bore, and by certain definitions that designated them. Suppose that he had arrived at this point and suddenly, his eyes were opened, he recovered his view, and he crosses the entire city, making a tour of it. He would find no object different from the idea he had made of it; he would encounter nothing he didn’t recognize, he would find the colors conformable to the descriptions of them that had been given to him; and in this there would only be two new important things for him, one the consequence of the other: a clarity, a greater brightness, and a great voluptuousness."

  9. ^ Diana Lobel (2006), A Sufi-Jewish Dialogue: Philosophy and Mysticism in Ba??ya Ibn Paq?da's Duties of the Heart, p. 24, University of Pennsylvania Press, ISBN 0812239539.
  10. ^ (亀井一 & ジャン・パウルは死にどのような形をあたえたのか(第Ⅰ報)<Ⅱ.小説モチーフとしてのモリヌークス問題> 2009, pp. 5-6)
  11. ^ (大橋康宏 2009, p. 34)
  12. ^ 近年は「感覚モダリティ(様相)」とも呼ばれる感覚モダリティ
  13. ^ 「クロスモーダル」検索により様々な研究・論文が見つかる。2015年8月5日に検索したトップページからの例として、高橋真 (2013年3月31日). “ラットにおけるクロスモーダル知覚の検討 (PDF)”. 大谷大学学術リポジトリ. 2015年8月5日閲覧。横山牧ほか (2013年3月6日). “視触覚クロスモーダル現象を用いたタッチパネルへの触覚フィードバックの付加 (PDF)”. 2015年8月5日閲覧。多感覚・評価研究室など
  14. ^ 『人間知性論』第二版でロックはモリヌークス問題を紹介したが、モリニュクス(モリヌークス)が1866年の手紙で提示した問2には触れなかった。一ノ瀬正樹は「モリヌークス問題のミステリーといえよう」と記している。(前掲書.p.169)
  15. ^ a b 『哲学の歴史6』7章「コンディヤック」(執筆:山口裕之)pp.365-366
  16. ^ ウィリアム・ハミルトン (第9代準男爵)英語版-スコットランド18-19世紀の哲学者
  17. ^ (視覚の世界 & 鳥居修晃 1979, p. 3)
  18. ^ 1.(ディドロ著作集 第一巻, 1976 & 平岡昇訳, pp. 87-92)引用箇所は(視覚の世界 & 鳥居修晃 1979, pp. 4-6)<ディドロの二つの問題>より孫引き.
    2.如月. “ディドロとモリヌークス問題~盲人に関する手紙」から~”. 世善知特網旧殿. 2015年8月23日閲覧。
  19. ^ ジャック ロジェ (1992-4). 大博物学者ビュフォン―18世紀フランスの変貌する自然観と科学・文化誌. 工作舎. pp. 192-194. ISBN 4875021968. 
  20. ^ a b アラン 『アラン著作集〈第1巻〉思索と行動のために Elements de philosophie(哲学概論)』 中村雄二郎訳、白水社、1960年。
  21. ^ シモーヌ・ペトルマン『シモーヌ・ヴェイユ詳伝 Ⅱ』田辺保訳、勁草書房新装版、2002年。p.136
  22. ^ 例えばチャールズ・シンガー 『医学の歴史1:古代から産業革命まで』 酒井シズ,深瀬 泰旦訳、朝倉書店、1985年11月25日、155頁。ISBN 4254105312
  23. ^ (先天盲開眼者の視覚世界 & 鳥居修晃,望月登志子 2000, pp. 8-9) 以下『先天盲開眼者』(2000)と略す
  24. ^ 三島済一「特別講演:白内障手術の歴史(連載第一回)」、『臨床眼科』第48巻第8号、1994年8月、 1490-1493頁、 ISSN 1882-1308三島済一「特別講演:白内障手術の歴史(連載第二回)」、『臨床眼科』第48巻第9号、 1654-1657頁。
  25. ^ 『先天盲開眼者』(2000)pp.6-11
  26. ^ a b 『視覚の世界』鳥居修晃(1979)。<3.開眼直後の視覚体験>p.14-28
  27. ^ (白内障手術の歴史(連載第二回), pp. 1655-1656)
  28. ^ 『ディドロ著作集1』<盲人に関する手紙>、平岡昇訳、法政大学出版局、1976年。p.100((視覚の世界 & 鳥居修晃 1979, pp. 62-63)<動機づけの問題>より孫引き)
  29. ^ 『先天盲開眼者』(2000)pp.18-20,143-145,296-297,及び巻末人名索引
  30. ^ 1.黒田自身が観察したものを含め1801-1928年まで14症例(『視覚の世界』p.15-16)。「手術ニヨリテ開眼セル四十二歳先天性白内障夫人患者ニ就イテノ調査報告」(1930) Acta Psychologica keijo, vol.1,No.1, pp.17-42(同書.註(4)p.28)
    2.コトバンク<黒田亮>
  31. ^ 11世紀~1931年までの66例(『先天盲開眼者』(2000),pp.12-18}.<WorldCat "Marius von Senden"検索画面、参照としてen:Recovery from blindness#Early cases
  32. ^ #参考文献・サイト,cinii 鳥居修晃cinii 望月登志子
  33. ^ プロジェクト・プラカシュHP
  34. ^ en:Molyneux's problem#Responses


「モリヌークス問題」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「モリヌークス問題」の関連用語

モリヌークス問題のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



モリヌークス問題のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのモリヌークス問題 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS