せいぎとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > せいぎの意味・解説 

せい ぎ [1] 【声妓


せい ぎ [1] 【正義】

正し道義。人が従うべき正し道理。 「 -を貫く」
他者人々権利尊重することで,各人権利義務報奨制裁などを正当に割り当てること。アリストテレスによると,名誉や財貨各人価値比例して分配する配分的正義と,相互交渉において損害額と賠償額などを等しくする矯正的(整調的)正義とに分かれる。また,国家の内で実現されるべき正義には自然的正義人為的正義とがあり,前者自然法後者実定法につながる。国家権力確立した社会では,実定法正義国家により定められるが,これは形式化固定化されやすい。そこで,各人がその価値に応じた配分を受け,基本的人権中心とした諸権利保障されるべしという社会的正義要求が,社会主義思想などによって掲げられることになる。公正。公平。
正しい意味。正し解釈経書注釈書の名に多用された。 「五経-」

せい ぎ [1] 【正議】


せい ぎ [1] 【性技】


せい ぎ [1] 【清議】


せい ぎ [1] 【盛儀】

盛大な儀式。 「戴冠式の-」

せい ぎ [1] 【晴儀】


せい ぎ [1] 【精義】

くわしい意義。また,くわしい講義

せい ぎ 【西魏】

中国北魏末期宇文泰北魏一族である文帝を擁して,長安に建てた国(535556)。陝西甘粛支配。子の宇文覚北周を建て,西魏二十余年で滅んだ。

せいぎ

出典:『Wiktionary』 (2010/03/23 06:36 UTC 版)

同音異義語

せいぎ




せいぎと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「せいぎ」の関連用語

せいぎのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



せいぎのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのせいぎ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS