60形とは?

Weblio 辞書 > 電車 > 電車図鑑(ことでん) > 60形の意味・解説 

60形(65)

60形ー65
60形
大正2年製造
譲り受け先:京浜急行電鉄



62号と65号は京急全身である京急電鉄29形の37号と34号として大正2年天野工場製造されました。戦時中京急昭和17年東急合併時に5100形に改善され、戦後昭和23年ことでん入りしました。62号車は5年後昭和28年木造車体から今橋工場新造された車体に乗せかえられました。車体更新当時は非貫通窓でしたが、行先表示板交換を容易にするため、昭和57年貫通化されました。一方65号はTc車として旧70形72号を名乗っていたが、昭和35年車体更新が行われたときに電装が行われ、側面バス窓採用しました。長尾線長く活躍してきたが平成6年志度線分断時に同線に転属しました。
67号は昭和40年2000形220号を鋼体化・電装化された車両であるが、安価更新が行われたため、窓枠木造時代名残りがあります62号・65号や2000形230号に比べると扉の数や定員数が異なります。
平成14年600形投入に伴い6267号は廃車となり、65号のみが志度線活躍しています。

60系

(60形 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/01 07:13 UTC 版)

60系・60形




「60系」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「60形」の関連用語

60形のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



60形のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ことでんことでん
Copyright(C)2019 BY THE TAKAMATSU-KOTOHIRA ELECTRIC RAILROAD Co.,Ltd.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの60系 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS