オシロイバナとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 薬用植物一覧 > オシロイバナの意味・解説 

おしろい‐ばな【白粉花】

オシロイバナ科多年草園芸上は一年草としても扱われる。高さ約1メートル広卵形で、対生する。花は夏から秋にかけて咲き続け、色は紅・白色や絞りなどがあり、らっぱ状で、夕方に開く。江戸時代種子白い粉おしろい代用にした。南アメリカ原産夕化粧。《 秋》

白粉花の画像

オシロイバナ

作者潮田久子

収載図書コンポジション45―花の浮き橋
出版社日本文学館
刊行年月2007.1


オシロイバナ

オシロイバナ
科名 オシロイバナ科
別名: ユウゲショウ
生薬名: シマツリコン紫茉莉根
漢字表記 御白粉花
原産 熱帯アメリカ
用途 一年草ですが、暖地では多年草として生育しています。夏の夕暮れ開花するので夕化粧の名も、漢名紫茉莉呼び、根を利尿関節炎などに用います。
学名: Mirabilis jalapa L.
   

御白粉花

読み方:オシロイバナ(oshiroibana)

オシロイバナ科多年草園芸植物薬用植物

学名 Mirabilis jalapa


紫茱莉

読み方:オシロイバナ(oshiroibana)

オシロイバナ科多年草園芸植物薬用植物

学名 Mirabilis jalapa


白粉花

読み方:オシロイバナ(oshiroibana)

もと熱帯アメリカ産で、高さ約一メートル半ぐらいにも達す多年草で、分岐点にはふくれた節があり、深緑色広卵形対生している。花は夏から秋に咲き、午後四時ごろから咲き出す

季節

分類 植物


オシロイバナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/10 01:06 UTC 版)

オシロイバナ(白粉花、白粧花、学名Mirabilis jalapa)とはオシロイバナ科多年草または一年草である。南アメリカ原産で江戸時代始めごろに渡来。花が美しいため観賞用に栽培されるが、広く野生化もしている。


  1. ^ a b 羽根田治『新装版・野外毒本:被害実例から知る日本の危険生物』山と渓谷社 2014年、ISBN 9784635500357 p.146.


「オシロイバナ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オシロイバナ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||


4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

オシロイバナのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オシロイバナのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2021, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオシロイバナ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS