ハニーとは?

ハニー

原題:Honey
製作国:アメリカ
製作年:1930
配給:パラマウント支社輸入
スタッフ
監督:Wesley Ruggles ウェズリー・ラッグルズ
原作戯曲:Alice Duer Miller アリス・デュアー・ミラー

A. E. Thomas A・E・トーマス
脚本:Herman J. Mankiewicz ハーマン・J・マンキーウィッツ
台詞:Herman J. Mankiewicz ハーマン・J・マンキーウィッツ
撮影:Henry Gerrard ヘンリー・ジェラード
音楽:W. Franke Harling W・フランク・ハーリング

Sam Coslow サム・コスロウ
作詞:W. Franke Harling W・フランク・ハーリング

Sam Coslow サム・コスロウ
キャスト(役名
Nancy Carroll ナンシー・キャロル (Olivia Dangerfield
Stanley Smith スタンリー・スミス (Burton Crane
Skeets Gallagher スキーツ・ギャラガー (Charles Dangerfield
Lillian Roth リリアン・ロス (Cora Falkner
Harry Green ハリー・グリーン (J. William Burnstein
Mitzi Green ミッチー・グリーン (Doris
Zasu Pitts ザス・ピッツ (Mayme)
Jobyna Howland ジョビナ・ハウランド (Mrs. Falkner
Charles Sellon チャールズ・セロン (Randolph Weeks
解説
「スイーティー」に次ぐナンシー・キャロル主演のミュージカル・ファースで、アリス・デュアー・ミラー女史A・E・トーマス合作喜劇映画化したもの。「ダミー」「崩るる天地」のハーマン・J・マンキーウィッツ氏が脚色並びに台詞執筆し、「ストリート・ガール」「うわさ」のウェズリー・ラッグルズ氏が監督、「サンダーボルト(1929)」「君恋し」のヘンリー・ジェラード氏が撮影した。助演者は「スイーティー」のスタンリー・スミス氏、「レヴュー結婚」のスキーツ・ギャラガー氏、「楽屋行進曲」のハリー・グリーン氏、パ社短編トーキー出演ブルース歌手リリアン・ロス嬢、舞台から来たジョビナ・ハウランド嬢、新進名子ミッチー・グリーン嬢及び「ダミー」のザス・ピッツ嬢、「スイーティー」のチャールズ・セロン氏等である。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
オリヴィアヴァージニアの相当な農家生れた娘だったが、父親長患い欧州出養生に行ったので家屋敷他人に貸し、それから上る家賃父親の許へ送金しようと考えた。幸いニューヨークフォークナー夫人という金満家未亡人借り度いと申込んで来たので、早速貸すことに話がまとまった。ところが夫人召使い全部白人なければならぬと云うので、執事から下働きに至るまで寄越して貰う手筈にしていたところ、やって来たのは女中1人で他の連中手違い出来来られなくなったので、困り果てオリヴィアは兄のチャールズ執事仕立て自分コックとして働くことにし急場を繕った。やがて借り手フォークナー夫人令嬢コラとその婿の候補者バートン・クレーン及び夫人宝石類の番人に傭ってある私立探偵バーンスタイン引連れ乗込んで来た。ところが間もなくバートンオリヴィア恋しチャールズコラ恋仲になり、バーンスタイン迄が女中メイムといい仲になってしまった。それを見届けメイム連れ子ドリスは1件5ドルづつの褒美を貰って彼等情事夫人告げ口した。夫人はこれですっかり機嫌を損じ、バートンに云い附けオリヴィア解雇させ様としたが彼女は巧みに話頭を転じさせてしまったので、夫人オリヴィア明日コラバートン婚約披露晩餐会を開くから、その料理巧く出来たら家に永く置いてやろうと云った。夫人の話でコラバートン婚約を知ったオリヴィア悲観し、翌朝バートンが彼女に会いに台所へやって来た時に彼の不実責め彼の弁解をきこうとしなかった。ドリスオリヴィアの手紙を盗み見して、彼女が此の邸の持主の娘だと云う事を知り、フォークナー夫人此の事を知らせた。またコラチャールズ結婚することを母親宣言した。フォークナー夫人途方くれている間にバートンオリヴィアの跡を追って行き結婚申込んだ。

ハニー【ハニー】(草花類)

登録番号 第14144号
登録年月日 2006年 3月 20日
農林水産植物の種類 ベゴニア
登録品種の名称及びその読み ハニー
 よみ:ハニー
品種登録の有効期限 25 年
育成者権の消滅  
品種登録者の名称 ベゴニア ブリーダーズ アソシエーション B.V.
品種登録者の住所 オランダ王国 1432EV アールスメール マシーンウェッヒ 206
登録品種の育成をした者の氏名 ジョセフ ホイガー
登録品種の植物体の特性の概要
この品種は、「ゲニー」の変異株であり、花は淡ピンク色に明紅色覆輪が入るやや小輪のエラチオール系ベゴニアである。草丈は低、株張りはやや広、草姿直立性、分枝性は中である。太さはやや細、毛の程度は無、色は赤緑である。葉長はやや長、幅は広、厚さは中、形は浅裂先端部の形は尖る、欠刻の形は重複鋸歯状深さは浅、縁の毛の有無は無、表及び裏の毛は無~微、表の色は濃緑、表の光沢は中、斑入りは無、葉柄長さは中、毛は無~微、色は赤褐である。1当たりの花の密度及び1花房当たりの花数は中、雄花花形雄ずい一部弁化、花弁の形は広卵形円形、縁の形は全縁状、波状は弱、とさか状の有無は無、花の大きさはやや小、花弁数は4.1~20.0、表及び裏の色は中央部が淡ピンク(JHS カラーチャート0102)、周縁部が明紅(同0106)、パターン覆輪花梗姿勢は斜出、小花梗長さは短、色は淡緑開花終期の花の退色は少である。「ペギー」と比較して、欠刻の形が重複鋸歯状であること、花弁波状が強いこと等で区別性が認められる
登録品種の育成経過概要
この品種は、2000年育成者温室ドイツ連邦共和国)において、「ゲニー」の変異株発見以後増殖行いながら特性の調査継続し、2001年にその特性が安定していることを確認して育成完了したものである。なお、出願時の名称は「00/2」であった。



ハニー

名前 HaneyHoneyHannieHannyHany

ハニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/08 05:31 UTC 版)

ハニー(Honey, HONEY)は、本義では、英語で「蜂蜜」「甘いもの」の意味、あるいは、愛しい人への呼びかけに使われる言葉。以下のような意味でも用いられる。




「ハニー」の続きの解説一覧



ハニーと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハニー」の関連用語






6
白蜜 国語辞典
74% |||||

7
蜂蜜 国語辞典
74% |||||

8
国語辞典
74% |||||



ハニーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ハニーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハニー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS