アラビカ種とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 商品先物用語 > アラビカ種の意味・解説 

アラビカコーヒーノキ

(アラビカ種 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 11:18 UTC 版)

アラビカコーヒーノキ(阿拉比卡珈琲,学名:Coffea arabica)は、エチオピアのアムハル高原に起源をもつとされるアカネ科植物である[1][2][3][4]ロブスタコーヒーノキリベリカコーヒーノキとともに「コーヒー3原種」のひとつに数えられる[4][5]。世界に流通しているコーヒーの中でも最もよく飲まれている品種であり、本種に次いで流通量第2位のロブスタコーヒーノキと合わせると世界全体のコーヒー流通量のおよそ99パーセントを占める[2][3][6][7]


  1. ^ スマトラ島で栽培されるティピカの亜種[21]
  1. ^ a b c d e f g h Classification for Kingdom Plantae Down to Species Coffea arabica L.” (英語). アメリカ農務省. 2013年2月9日閲覧。
  2. ^ a b c コーヒー豆知識”. アサヒ飲料株式会社. 2013年2月9日閲覧。
  3. ^ a b c d e f M.B.P. Camargo(2010), p.240.
  4. ^ a b 田口(2003)、8頁。
  5. ^ a b c 広瀬(2008)、63頁。
  6. ^ a b c d e f Amanda Fiegl (2012年11月8日). “The Last Drop? Climate Change May Raise Coffee Prices, Lower Quality”. National Geographic. 2013年2月9日閲覧。
  7. ^ コーヒーノキ”. 宮城県薬剤師会. 2013年2月9日閲覧。
  8. ^ Linnaeus, Carolus (1753) (ラテン語). Species Plantarum. Holmia[Stockholm]: Laurentius Salvius. p. 172. https://www.biodiversitylibrary.org/page/358191 
  9. ^ a b c d コーヒーノキ”. みんなの趣味の園芸. NHK出版. 2013年3月15日閲覧。
  10. ^ a b c 田口(2003)、13頁。
  11. ^ コーヒーの豆知識”. KEY COFFEE. 2013年3月15日閲覧。
  12. ^ a b c d e f 田口(2003)、12頁。
  13. ^ 田口(2003)、9頁。
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p コーヒー豆の種類・基礎知識”. TONEGAWA COFFEE Premiun Beans Shop. 2013年2月9日閲覧。
  15. ^ 広瀬(2008)、65頁。
  16. ^ L.ギィヨ『栽培植物の起源』徳田陽彦訳、八坂書房、1979年、115頁。ISBN 978-4896943016
  17. ^ a b c d e f g Davis AP, Gole TW, Baena S, Moat J (2012年11月7日). “The Impact of Climate Change on Indigenous Arabica Coffee (Coffea arabica): Predicting Future Trends and Identifying Priorities” (英語). PLoS ONE 7 (11). doi:10.1371/journal.pone.0047981. http://www.plosone.org/article/info:doi/10.1371/journal.pone.0047981?imageURI=info:doi/10.1371/journal.pone.0047981.t001 2013年2月9日閲覧。. 
  18. ^ a b c d 田口(2003)、18頁。
  19. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 田口(2003)、20頁。
  20. ^ a b 田口(2003)、21頁。
  21. ^ a b c d e f g h i j 広瀬(2008)、64-65頁。
  22. ^ a b c d 田口(2003)、19頁。
  23. ^ a b c 田口(2003)、10頁。
  24. ^ a b c 田口(2003)、11頁。
  25. ^ a b 広瀬(2008)、41頁。
  26. ^ a b c d コーヒーの栽培”. コーヒー基礎知識. 株式会社ユニカフェ. 2013年2月9日閲覧。
  27. ^ M.B.P. Camargo(2010), p.241.
  28. ^ a b Coffee production by exporting countries” (英語). The International Coffee Organization. 2020年2月11日閲覧。
  29. ^ 東京アラビカコーヒー”. フジフューチャーズ. 2013年2月9日閲覧。
  30. ^ Exports of coffee by exporting countries” (英語). The International Coffee Organization. 2020年2月11日閲覧。
  31. ^ コーヒーの基礎知識”. 三本コーヒー株式会社. 2013年2月9日閲覧。
  32. ^ Jerry Baldwin (2009年3月14日). “Appreciating Coffee Like Wine” (英語). the Atlantic. 2013年2月9日閲覧。
  33. ^ 広瀬(2008)、18頁。


「アラビカコーヒーノキ」の続きの解説一覧

アラビカ種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 07:56 UTC 版)

コーヒーノキ」の記事における「アラビカ種」の解説

アラビカ種 (Coffea arabica L.アラビカコーヒーノキ) はエチオピア原産で、最初に広まったイエメンにちなみアラビカ名があるコーヒーノキ属中、唯一染色体数44核相が2n=44他の種は2n=22)の倍数体で、また自家不和合性も無いなどの特徴を持つ。200以上の栽培品種があり、さらに交配による新品種育種行われている。 最近の染色体DNA葉緑体DNA系統解析により、ユーゲニオイデス種(C. eugenioides)の花とカネフォーラ種(C. canephora)の花粉との自然交配による交雑種が、さらに倍数化して生じた複二倍体起源する事明らとなったまた、他種から孤立した分布氷期影響考えられている。 高品質収量比較高く世界コーヒー生産において7割から8割を占め主流となっている。主な栽培地中南米アフリカ一部で、高級品として取引される産地が多い。ただし高温多湿環境には適応せず、霜害弱く乾燥にも弱い。レギュラーコーヒー用。

※この「アラビカ種」の解説は、「コーヒーノキ」の解説の一部です。
「アラビカ種」を含む「コーヒーノキ」の記事については、「コーヒーノキ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アラビカ種」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「アラビカ種」に関係したコラム

  • CFDのコーヒー相場の見方

    飲用として流通しているコーヒーの木には、「アラビカ種」と「ロブスタ種」の2つの品種があります。アラビカ種は世界のコーヒー生産量のおよそ80%を占めています。一方、ロブスタ種は世界のコーヒー生産量のおよ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アラビカ種」の関連用語

アラビカ種のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アラビカ種のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2023 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアラビカコーヒーノキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのコーヒーノキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS