上野泰とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 上野泰の意味・解説 

上野泰

上野泰の俳句

ふらここの宙を二つに割り遊ぶ
一生のこの時のこの雁渡る
初電話父に代りて母となり
子と春の波の戯れいつまでも
学帽を耳に支へて入学す
尺蠖の哭くが如くに立ち上り
山霧に幹の如くに我は濡れ
干足袋の天駆けらんとしてゐたり
我をのせ廻る舞台や去年今年
打水の流るる先の生きてをり
春着きて孔雀の如きお辞儀かな
月仰ぐ月の面より風来たり
末の子の今の悲しみ金魚の死
椿落つかたづをのんで他の椿
海女として鉄道員の妻として
笑ふかに泣くかに雛の美しく
第三の志望なりしが入学す
美しく反りつつ鮎の釣られたる
考へを針にひつかけ毛糸編む
魂にゆりおこされて昼寝覚め
 

上野泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/05 14:07 UTC 版)

上野 泰(うえの やすし、1938年 - )は、日本の造園家ランドスケープアーキテクト。おもに日本の公団団地計画・ニュータウン計画における土地利用や公園緑地設計などに関わった実績を持つ。




「上野泰」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「上野泰」の関連用語

上野泰のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



上野泰のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの上野泰 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS