単純一罪とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 単純一罪の意味・解説 

単純一罪

読み方:たんじゅんいちざい

罪数概念で認識上、罪の一個構成要素なるもの複数の単純一罪を包括して一罪として扱う「包括一罪に対する語。

罪数

(単純一罪 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/19 22:33 UTC 版)

罪数(ざいすう、つみかず)は、刑法用語のひとつであり、犯罪の個数を表す概念である。ある行為について成立する犯罪の数が1個であるときを一罪といい、それ以上であるときを数罪という。




「罪数」の続きの解説一覧

単純一罪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/19 22:33 UTC 版)

罪数」の記事における「単純一罪」の解説

構成要件該当する犯罪事実1回だけ発生すること。認識上一罪ともいう。 構成要件本来的に複数行為存在予定している結合犯例としては、暴行脅迫暴行罪脅迫罪構成要件該当)と奪取窃盗罪構成要件該当)の結合による強盗罪挙げられる)や、常習犯例としては、常習賭博罪などが挙げられる)や営業犯(例としては、無免許医業罪などが挙げられる)のように連続した複数行為1つ犯罪構成要件とする集合犯もこれに含まれる学説によっては、これらを包括一罪や数罪とする見解もある)。

※この「単純一罪」の解説は、「罪数」の解説の一部です。
「単純一罪」を含む「罪数」の記事については、「罪数」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「単純一罪」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「単純一罪」の関連用語

単純一罪のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



単純一罪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの罪数 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの罪数 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS