単純再生産とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > 再生産 > 単純再生産の意味・解説 

たんじゅん‐さいせいさん【単純再生産】

読み方:たんじゅんさいせいさん

蓄積伴わず同一規模反復される再生産。→拡大再生産縮小再生産


単純再生産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/06/01 17:01 UTC 版)

単純再生産(たんじゅんさいせいさん、: simple reproduction: einfache Reproduktion)は、同じ価値を持つ物財を同じ規模で再生産するプロセスであり、マルクス経済学において資本拡大再生産の基礎過程であると位置づけられているモデルである。




「単純再生産」の続きの解説一覧

単純再生産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/06 21:59 UTC 版)

再生産表式」の記事における「単純再生産」の解説

不変資本をc、可変資本をv、剰余価値をmとする。生産財作るI部門消費財作るII部門があるとし、年生産物がI部門6000II部門が3000あるものとし、各部門価値割合を以下のようにする。 I II (ここで、I部門の式は、6000ある生産物価値不変資本4000可変資本1000剰余価値1000分けられるという意味である。文字代数ではないので、右辺数字のみ足し算すれば、左辺数字等しくなる) ところで、I部門では4000cと1000vが労働者資本家との間で分配されるが、これは生産手段である。 この表式において、単純再生産が成り立つにはI部門生産物II部門の生産手段言い換えれば不変資本となることが必要である。つまり、価値大きさI II であることが条件である。

※この「単純再生産」の解説は、「再生産表式」の解説の一部です。
「単純再生産」を含む「再生産表式」の記事については、「再生産表式」の概要を参照ください。


単純再生産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/09 23:23 UTC 版)

再生産」の記事における「単純再生産」の解説

単純再生産(simple reproduction)とは同じ価値を持つ商品を同じ規模再生産することを指す。マルクス経済学では拡大再生産基礎過程として考えられており、資本主義経済における単純再生産では剰余価値資本追加されずに、資本家消費される事態であり、また同時に資本賃労働の関係をも再生産する事態であると考えられている。(再生産表式を参照

※この「単純再生産」の解説は、「再生産」の解説の一部です。
「単純再生産」を含む「再生産」の記事については、「再生産」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「単純再生産」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



単純再生産と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

単純再生産のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



単純再生産のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの単純再生産 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの再生産表式 (改訂履歴)、再生産 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS