流涎とは?

りゅう ぜん りう- [0] 【流涎

〔「りゅうせん」とも〕
よだれを流すこと。垂涎
物を欲しがること。垂涎

流涎

【英】:Salivation

唾液分泌過剰の状態で、口の中が唾液溢れている。あるいは口の周囲下顎そのため濡れている。
被験物質作用以外に被験物質苦味刺激性
によっても惹起される刺激性によって惹起される流涎は概ね投薬直後にしか見られず、それ以外の流涎は、被験物質自律神経への作用示唆する。流涎はその量によって3段階分け、口周辺にのみ流涎が見られるものを軽度とし、口から顎にまで流涎が及んでいる場合中等度、さらに広がったものを高度とする。
副交感神経興奮等により生じる。イヌでは嘔吐前駆症状として、また、条件反射的に起こることが多い。
マウスラットウサギイヌサル  程度性状

流涎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/23 08:54 UTC 版)

流涎(りゅうぜん、 sialorrhea)とは、(よだれ)を垂れ流すこと。




「流涎」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「流涎」の関連用語

流涎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



流涎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2019 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの流涎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS