三体詩とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > > 三体詩の意味・解説 

さんたいし【三体詩】


さんたいし【三体詩】

中国詩集。三巻。宋の周弼撰。淳祐一〇年(一二五〇)成立七言絶句五言律詩七言律詩三体の詩四九四首を集録唐代晩期作品中心で、虚(叙情)と実(叙景)に分類日本では室町時代翻刻されて以来流布した。さんていし。三体唐詩。唐賢三体詩法。


三体詩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/17 01:18 UTC 版)

三体詩』(さんたいし)は、中国南宋の周弼により編集された唐代漢詩集。書名は、五言律詩・七言律詩・七言絶句の三種を収めていることによる。






「三体詩」の続きの解説一覧



三体詩と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三体詩」の関連用語

1
30% |||||

2
18% |||||

3
18% |||||

4
16% |||||


6
14% |||||

7
12% |||||

8
12% |||||

9
12% |||||

10
12% |||||

三体詩のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



三体詩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三体詩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS