腸カタルとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > カタル > 腸カタルの意味・解説 

ちょう カタル ちやう- [3] 【腸カタル】

腸炎ようえん

カタル

(腸カタル から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/30 17:52 UTC 版)

カタル(: catarrh [kəˈtɑːr])とは、感染症の結果生じる粘膜腫脹と、粘液白血球からなる濃い滲出液を伴う病態のこと。カタルは通常、風邪、胸部疾患によるに関連して認められるが、アデノイド、中耳副鼻腔扁桃気管支大腸に出現することもある。カタル性滲出液は排出されることもあるが、狭窄とともに管腔を閉塞させたり、慢性化したりすることもある。




「カタル」の続きの解説一覧



腸カタルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「腸カタル」の関連用語

腸カタルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



腸カタルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカタル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS