耐火構造とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 構造 > 構造 > 耐火構造の意味・解説 

たい かこうぞう -くわ -ざう [4] 【耐火構造】


たいかこうぞう 耐火構造 fireproof construction


耐火構造

通常の火災終了するまでの間、建物倒壊および延焼防止するのに必要な性能近隣火災燃え移ってくるのを防ぐことに加えて万が一出火した場合でも、一定の時間近隣燃え移るのを食い止めること)を考慮した構造であり、建築物主要構造部(壁・・床・はり・屋根階段)に適用される。(建築基準法2条7号)。 部位建物階数により30分、1時間、2時間、3時間耐火構造(令107条、告1399号)が定められている。

耐火構造

壁・床などの建築物主要構造部分で、通常の火災による火熱一定時間最上階から2以上4以内の階の場合1時間加えられた場合に、構造耐力支障のある変形溶融破壊その他の損傷を生じないものを「耐火構造」と、建築基準法では規定している。具体的には以下のようなものがあげられる。(1)壁/鉄筋コンクリート造鉄骨コンクリート造(厚さmm以上)、鉄骨造ラス・モルタル(ラス・モルタル厚さが3mm以上)、鉄骨造コンクリートブロック(コンクリートブロック厚さが4mm以上)、ALCパネル(軽量気泡コンクリートパネル厚さ7.5mm以上)など。(2)鉄筋コンクリート造鉄骨鉄筋コンクリート造鉄骨造防火被覆ラス・モルタル等)など。(3)鉄筋コンクリート造鉄骨鉄筋コンクリート造鉄骨造防火被覆ラス・モルタル等)など。(4)床/鉄筋コンクリート造鉄骨鉄筋コンクリート造厚さmm以上)、鉄骨造ラス・モルタル(ラス・モルタル厚さ両面ともに4mm以上)など。(5)屋根鉄筋コンクリート造鉄骨鉄筋コンクリート造ラス・モルタル造、ラス・コンクリート造、鉄筋コンクリートパネル厚さ40mm以上)、ALCパネルなど。(6)階段鉄筋コンクリート造鉄骨鉄筋コンクリート造レンガ造石造コンクリートブロック造、鉄骨鉄板など。

耐火構造(たいかこうぞう)

法律定められている耐火性能有する構造のこと。木造建物であるログハウスはその構造自体が耐火構造ではないので、防火のために、ガスレンジ使用したキッチンストーブまわりなどは、コンクリートレンガ防火タイルなどを用いて耐火構造とする必要がある

耐火構造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/11 05:48 UTC 版)

耐火構造(たいかこうぞう)とは、建築物の部分の構造のうち、建築基準法施行令第107条で定める技術的基準に適合する耐火性能を持つ構造を指す。耐火性能は建物用途や規模等により、建築物の部分に要求され、30分から3時間(180分)まで部位等によって定められている。告示に例示される構造以外の構造を用いて耐火性能が必要な建築物を建築する場合には、国土交通省が指定した性能評価機関で要求性能が満足することを試験等の結果から確認し、国土交通大臣の認定を取得する必要がある。




「耐火構造」の続きの解説一覧



耐火構造と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「耐火構造」の関連用語

耐火構造のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



耐火構造のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2019 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2019 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2019 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの耐火構造 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS